NHK・関口博之vs将棋ウォーズ社長・林隆弘の棋譜!四間飛車vsミレニアム囲い


NHKで、将棋ウォーズの上場について取り上げていて、そのときにちらっと対局画面が映っていました。

そこで調べてみると、NHKの関口博之さんと将棋ウォーズの林隆弘社長の棋譜がありましたので、紹介しようと思いました。



スポンサードリンク

先手が、関口さんで、後手のitsは林社長のIDですね。

関口さんは四間飛車にしましたね。

林社長はミレニアム囲いにして、関口さんは銀冠にした所で攻めにいきました。

関口さんvs林社長

△8六歩▲同歩△同角▲8八飛が四間飛車側の受けの手筋ですね。

角が動けば飛車が取られてしまいますし、何もしなくても角が取られてしまうので、△8五歩の一手。

▲8七歩△7七角成▲同桂と角交換。

△5三銀に▲4一角と打っていきました。

△8一角と受けて、▲6五桂から桂交換。

スポンサードリンク

△4二金引で金と角の交換になり、▲7四銀。林社長も△7七角から馬を作って攻め返します。

関口さんvs林社長

関口さんは成銀作って、林社長は4筋に飛車をまわって攻めにいきました。

△4五歩を▲同歩と取って、△4六桂のふんどし。

金一枚はがして、△5五馬と玉をにらみました。

▲4四桂と金取りにあてつつ飛車道をふさぎましたが、こうなると金一枚はがされてもあまり痛くないので、△4五桂と攻めにいきました。

関口さんvs林社長

後は成銀を外されて、関口さんが防戦一方になりました。

ただ、関口さんの受けが強くて、林社長もなかなか攻められないでいました。

関口さんvs林社長

玉の小瓶でもある桂頭を狙っていき、上から押しつぶしにいきました。

関口さんは受けながら端に手をかけて、反撃。

ただ、大駒3枚で攻めている林社長のほうが速く、一気に攻め込まれました。

関口さんvs林社長

最後は、関口さんの切れ負けでした。

ただ、時間の使い方が違和感あるんですよね。

最後の▲1六歩を打つまでに、6分9秒残っていて、その▲1六歩に6分長考しての切れ負けですので。

ずっと時間は関口さんが勝っていて、一手にあまり時間を使われていないんですよね。

もしかしたら、関口さんは棋神ありのルールだったのかもしれません。

序盤は関口さんが有利でしたが、林社長の中盤からの巻き返し方もかなり参考になりました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*