王将戦 第3局 久保利明王将vs豊島将之八段の棋譜と結果!相振り飛車


第67期王将戦七番勝負 久保利明王将と豊島将之八段の第3局です。



スポンサードリンク

お互い端を突き合って、様子の見合いから始まりました。

その後、久保王将が四間飛車にして、豊島八段が中飛車にしました。

金無双にしあって、豊島八段は向かい飛車に振り直しました。

久保王将vs豊島八段

久保王将は端から角を使っていきましたね。

ここからどう動いていくかだったんですが、先に仕掛けたのは豊島八段でした。

久保王将vs豊島八段

△4五歩と突いて、▲同歩△1五歩▲同歩と突き捨てて、△4五桂。

▲4六銀右とかわして、△1八歩▲同香△2六歩▲同歩△4六角▲同銀と切っていきました。

△2六飛と走って、▲4五銀△2七銀▲3七玉△3六銀成▲同銀△2九飛成。

久保王将vs豊島八段

一気に激しくなりましたね。

スポンサードリンク

玉の近くに龍ができて攻めは強力ですが、駒損が激しいので、そこがどうなるかですね。

当然、久保王将も反撃に出て、▲6五桂。

△4四銀とかわして、▲5四角と玉の小瓶を狙っていきました。

金無双の弱点ですね。

次に▲6四桂の王手金取りもあるので、△7一玉と逃げました。

▲4五歩と打って、△4二桂の角取り。

角が5四にいられると困るということですね。

ただ、▲同角成△同金▲4四歩の2枚替え。

久保王将vs豊島八段

駒損が拡大してしまって、かなり苦しい状況ですね。

とはいえ、仕方ないという所でしょうか。

△1九角▲4七玉△9九龍と香を取って飛車にあてます。

久保王将は冷静に▲3七歩と打って、角道を止めます。

こうしてしまえば、飛車を打つ所もありませんし、4六香も消えましたね。

△5一香と角を狙っていきましたが、▲4三歩成△5四香▲4二と。

角はいなくなっても、と金ができて、脅威は依然として減っていません。

△9三銀と逃げ道を開けましたが、▲5一銀△7二金▲5二ととゆっくり寄っていって、間に合ってしまいます。

後はどうしようもないですね。

一手一手になってしまいました。

久保王将vs豊島八段

最後に△2九角の王手を入れて、投了となりました。

仕掛けが乱暴すぎたでしょうか。

駒損が最後まで響いてしまった感じがします。

これで、王将戦は久保王将が2勝で、豊島八段の1勝です。

少し豊島八段が苦しい状況ではありますが、まだまだ分からないですね。

久保王将が防衛するのか? それとも新王将が生まれるのか。

これからの展開が非常に楽しみです。

また、豊島八段は振り飛車もかなり採用していて、色んな将棋が見られるのも嬉しいです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*