筋違い角のアユムさんの対策が優秀すぎる件!


プロ間では、筋違い角は全く勝てないということで、指されませんが、

有力とされている腰掛け銀にしても、なかなか勝つのが難しいですよね。

筋違い角に対して腰掛け銀にすると、角を使えないようにして押さえ込む必要がありますので、一手でも見落としがあると、敗着につながってしまうということも多いです。

早指しの場合、特に全部を読み切るというのは難しいので、筋違い角にしっかり対応するのは難しくなります。

なので、ネット将棋などの早指しでは、より筋違い角は有力になります。

そんな中、将棋ユーチューバーで元奨励会員のアユムさんが筋違い角に対して、有力な対策を指していましたので、筋違い角の対策が難しい場合は、ぜひ見てみてください。


スポンサードリンク

筋違い角には中住まい

筋違い角対策

角交換して、△6五角と筋違い角を打ってきた手に対して、▲5八玉と玉を立ちます。

こうすることで、4七角成を受けられますので、△7六角の一手ですね。

このときに6七の地点を受けているのも大きいです。

△6五角に▲4八銀の場合、△7六角に▲7八金や▲6八玉などもう一手受ける必要があります。

▲5八玉なら△7六角と取られたときに先手になっていませんので、▲2五歩と伸ばします。

筋違い角対策

スポンサードリンク

駒が何も動いていませんので、飛車先を受けるのが難しいです。

△3二金なら▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2六飛△5四角の展開になります。

飛車先を交換できれば、一歩損とはいえ、こちらも一歩手持ちにできるので、不満がありません。

また、飛車を引く場所は2八よりも2六のほうがいいです。

角はすぐに逃げられてしまいますが、将来的に5六角のときに2七に何か打たれて、飛車を押さえ込まれる展開がありませんので。

後は普通に駒組みをして、一局です。

飛車先を受ける2二飛

筋違い角対策

飛車先を何が何でも受けるというのであれば、△2二飛しかないですね。

これに対しては、▲5五角と打ちます。

筋違い角対策

角を持っていれば、角を合わせる手がありますが、それはできませんので、△3二金と飛車角交換を受け入れるか△1二飛で頑張るかですね。

ただ、△1二飛の場合、▲2四歩△同歩▲同飛△2二歩と打つしか受けがありませんので、飛車が全く使えなくなります。

それなら、全く不満はない展開です。

なので、△3二金ですが、▲2二角成△同銀で、飛車角交換に満足して▲7八金と駒組みをするのも一局ですし、▲2四歩から一歩替えておくのも一局です。

ここまでこれば、筋違い角棒銀や筋違い角振り飛車を封じることができますので、相手の研究を全て潰すことができます。

アユムさんは2五歩は決めずにじっくりとした展開にしていましたが、それは好みですので、好きなほうを指してみてください。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*