日本シリーズJTプロ公式戦 深浦康市九段vs佐藤天彦九段の棋譜速報!角換わり腰掛け銀


第40回日本シリーズJTプロ公式戦の深浦康市九段と佐藤天彦九段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は角換わり腰掛け銀になりました。

深浦九段は一手損の形にしようとしますが、佐藤九段が許さずに、佐藤九段が△6五歩から仕掛ける展開になりました。

9筋・3筋突き捨て

佐藤九段vs深浦九段

△9五歩▲同歩△3五歩▲同歩と突き捨てて、△8六歩▲同歩△同飛▲8七歩△8一飛と飛車先交換しました。

角換わりはこういった突き捨てる手が多いですよね。

桂頭攻めもあり、かなり有力なのではないかと思います。

桂頭を受けるかと思いましたが、▲4六角と打って、△3六歩を打たせます。

スポンサードリンク

△9五香がやりすぎだった?

佐藤九段vs深浦九段

△9五香がやりすぎだったようで、ここで700点ぐらい先手がよくなったようです。

▲同香△8四角で両取りになりますが、▲6五銀直△同銀▲同銀で、駒損がなくなります。

佐藤九段vs深浦九段

△9六桂で玉を引っ張り出すことに成功しますが、▲8二銀で飛車を押さえられてしまって、手が難しかったでしょうか。

飛車が逃げるしかないですが、桂馬を取られて、上部に逃げられてしまいます。

佐藤九段としては、押さえたいところですが、打った銀がしっかり守っていて、押さえるのも難しいです。

角を狙う勝負手

佐藤九段vs深浦九段

佐藤九段は角を狙って、△7三金と勝負手を放ちます。

▲同銀でも▲同角でも、△同角が王手になります。

なので、▲9四桂と香のほうを取って、△6四金▲9五玉と上に出ていきます。

△6五金と銀まで取られてしまいますが、上部を厚くして、入玉できれば、負けない形ですね。

ただ、深浦九段は飛車を回って、入玉はせずに決めにいきました。

投了図以下

佐藤九段vs深浦九段

▲7四角成で佐藤九段の投了となりましたね。

これで、先手玉に迫る手がないですね。

受けるのであれば、△2二玉ですが、▲8二飛でも▲5三香成でも苦しいですね。

先手玉が全く見えませんので、ゆっくり攻めても間に合ってしまいますので、どうしようもないですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*