棋聖戦第2局 豊島将之棋聖vs渡辺明二冠の棋譜速報!角換わり腰掛け銀


第90期ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の豊島将之棋聖vs渡辺明二冠の第2局です。



スポンサードリンク

本局は角換わり腰掛け銀になりました。

渡辺二冠は△7二金~△6二金と一手損する変化にしました。

後手から動く展開に

豊島棋聖vs渡辺二冠

▲6七銀と引いて、△5五銀と渡辺二冠は出ていきましたね。

おそらく、渡辺二冠がこの棋聖戦のために温めていた手でしょうね。

ただ、豊島棋聖もその手は分かっていたと言わんばかりにすぐに▲3五歩と仕掛けていきます。

△同歩▲4五桂△4四銀上の展開ですね。

そこから飛車先交換しました。

飛車はどこに引くべきか?

豊島棋聖vs渡辺二冠

ここで、どこに飛車を引くかが難しいところですね。

2九飛のほうが形はいいですが、4六の歩が取られてしまいます。

なので、▲2六飛と引いて、歩を守りました。

ただ、△5九角が入って、ソフト的にはかなり厳しいようで、700点ぐらい後手がいいとのことでした。

▲2九飛と引いて、△4六銀▲3四角△3六歩▲2三角成△2八歩▲同飛△3七歩成という激しい攻め合いで、互角だったようです。

とは言え、△5九角が入ってもまだまだ難しいですし、人間的には互角か少し不利ぐらいじゃないでしょうか。

銀をぶつけて、局面を複雑化

豊島棋聖vs渡辺二冠

スポンサードリンク

△6五歩に▲6五銀とぶつけて、局面を複雑にしにいきましたね。

△同銀▲同歩で、3九銀の割り打ちも見えますが、6三銀もありますので、難しいところですね。

渡辺二冠は△6六歩と取り込みます。

次に△6七歩成▲同金△6六歩がありますね。

金がどこに逃げても角が成れるようになります。

なので、▲6八歩と受けましたね。

桂の2枚攻め

豊島棋聖vs渡辺二冠

4五の桂を取り込んで、桂2枚を使って攻めにいきます。

ここで、▲4六角だったらどうだったかというのを感想戦でやっていましたね。

桂取りに当てつつ、6八の歩も守れます。

△7七桂成を▲同金で取れるようになります。

それで、かなり難しかったようです。

豊島棋聖は▲2四歩と合わせていきました。

△7七桂成▲同玉とさせてから、△2四歩と戻します。

悩ましい焦点の歩

豊島棋聖vs渡辺二冠

駒がたくさん効いている所に打つ焦点の歩の手筋ですね。

どれで取るのもありそうですし、悩ましいです。

▲同金が一番被害が少なそうですが、普通に指しても悪くなる一方ということで、▲同角で勝負にいきましたね。

△6五銀を打たれてしまいますが、▲1一角成△3三桂▲2一銀で勝負ですね。

ただ、金を取られてもまだまだ寄りませんので、△6六歩から攻められます。

金は引く手に好手あり

豊島棋聖vs渡辺二冠

飛車が走られて、3二銀成からかなり怖い形になりましたが、△3一金と引きました。

これで、先手からの攻めがないですね。

▲2三飛成としましたが、△7八銀成から寄りとなりました。

ただ、▲6六玉とかわしていたら、まだ詰まなかったみたいですが、一手一手になってしまったでしょうか。

投了図以下

豊島棋聖vs渡辺二冠

△8五飛というカッコいい局面で投了となりました。

この局面で投了というのが、なんかいいですね。

▲同銀は△7五金で詰んでしまいますので、▲7五歩△6四金▲6六玉△7五金▲同銀△6五歩▲7六玉△7五飛▲8六玉△8五銀▲9七玉△7九馬までですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*