王座戦挑決トーナメント 近藤誠也六段vs羽生善治九段の棋譜速報!一手損角換わり


第67期王座戦挑戦者決定トーナメントの近藤誠也六段と羽生善治九段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

羽生九段は一手損角換わりにしましたね。

一手損角換わりには早繰り銀ということで、近藤六段は早繰り銀にしました。

それに対して、羽生九段は右玉にして、玉を戦場から遠ざけました。

近藤六段vs羽生九段

▲3四歩も手筋ですが、右玉ですので、△4四銀とぶつけてくるでしょうね。

右玉の場合、6四の銀は守りの銀で、3三の銀はどちらかというと攻めの銀ですので、銀交換しても、それほど得にはなりません。

同様に▲2四歩から交換されても、同じことですね。

ということで、▲4六銀と引きます。

近藤六段としては、できれば6三の銀と交換できる展開にしたいですからね。

一歩持ちしましたので、6筋方面を狙っていきたいですね。

角打ちから桂頭攻めへ

近藤六段vs羽生九段

近藤六段は、5六角から▲7五歩△同歩▲8六銀と桂頭を狙っていきます。

△7六歩と避けて、▲7五銀に△4四銀と羽生九段も反撃を見せていきます。

そこで、近藤六段は激しく▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲同角成と攻めていきます。

スポンサードリンク

△同金▲同飛成は攻めが早くなってしまいますので、こういうのは取らないほうがいいですね。

△3五銀▲同銀△同飛と羽生九段は攻め合いにいきました。

近藤六段vs羽生九段

7五の銀に当たりつつ飛車成りも見て、両方は受からないですね。

なので、▲2二馬と取って、△3九飛成と龍を作りました。

銀を取っても次の手がありませんので、成り込んだほうが攻めやすいです。

そこから、近藤六段がしっかり受けて、自陣を硬くしました。

実質金銀6枚の守り!

近藤六段vs羽生九段

近藤六段は馬を自陣に引きつけました。

馬の守りは金銀三枚分とも言われますので、そう考えると金銀6枚の守りですね。

ガッチガチな守りで、羽生九段の攻めを止めにいきました。

また、2二飛成もありますので、飛車が成られると持たないということで、△3三角と打ちました。

▲3四飛とぶつけて、△7八銀不成

▲同馬△2九龍と桂馬を取ります。

玉頭を攻め続ける

近藤六段vs羽生九段

羽生九段は玉頭を攻めて、拠点を作ります。

ただ、7八金と打ち込んでもまだ寄りませんので、ここからが難しいところですね。

羽生九段は△7四銀▲同銀△5四銀と打っていきます。

近藤六段は▲6三銀打から一気に寄せにいきました。

飛車も馬も切っていきましたが、まだ足らなかったですね。

寄らないということで、近藤六段の投了となりました。

投了図以下

近藤六段vs羽生九段

ここで、近藤六段の投了ですね。

▲5六銀などで王手はできますが、△4四玉で▲4五金が△同桂と取られてしまいますので、寄りません。

おそらく、寄ると思われていたのではないかと思いますので、どこか読み抜けがあったのではないでしょうか。

そういうのも将棋の醍醐味ですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*