名人戦 稲葉陽八段vs佐藤天彦名人第4局の棋譜~角換わり腰掛け銀、穴熊vs右玉~


名人戦の稲葉陽八段vs佐藤天彦名人の第4局ですね。

稲葉八段が2勝して、佐藤名人が1勝。

ここで稲葉八段が突き放すか? それとも佐藤名人が食らいつくか? という4局目でした。


今回は、Pona流早繰り銀は使わずに角換わり戦になりましたね。

これまでの2局が力戦でしたので、逆に新鮮です。

名人戦4局

スポンサードリンク

稲葉八段は速めに▲5八金型にされました。

昔からある腰掛け銀の形ですね。

玉が固くて、▲6六歩から▲6七金と矢倉にも発展できます。

なので、手待ちにも向いていますね。

ただ、稲葉八段が先手番なので、手待ちになるようであれば、おそらく仕掛けていくんじゃないかと思います。

名人戦4局

駒組みが進んでいって、▲4五歩。

速めに位を取りに行きましたね。

この位取りがどう生きてくるか? ですね。

ここから、佐藤名人は位を取られたこともあり、6二金、8一飛型の流行りの形にされました。

さらに、△5二玉と戻って、△6一玉から△7二玉と右玉に変えましたね。

名人戦4局

位を取られて、2~4筋から攻められているということで、玉を戦場から遠ざけたかったということでしょうね。

銀も6三のままで5四銀と腰掛け銀にしていないので、右玉に変えても硬さがあります。

ここで、▲4六角と稲葉八段は角を打ちました。

4筋の位を取れているからこそ打てる角打ちではありますが、この角がどう働いてくるかが勝負の分かれ目でしょうか。

名人戦4局

金をくっつけ合って、お互い玉を固め合って、▲9八香と稲葉八段は穴熊の構え。

右玉はこれ以上固くするのは難しいですから、より固さを主張するのであれば、穴熊が一番ということでしょうか。

ソフトも▲9八香を推奨しているので、右玉には穴熊がいいようですね。

とは言え、点差はほぼ0の全くの互角ですが。

ここで、△4四歩と突っかけていきましたね。

▲同歩△同銀と銀を使っていきたいということでしょうか。

スポンサードリンク

稲葉八段は取らずに▲2四歩と突き捨てました。

△同歩に▲3五歩△同歩と3筋も突き捨てて、一度桂頭を守るために▲2六飛と浮きましたね。

名人戦4局

ここでソフトは△5九角を推奨していました。

▲5八金で取れる形ではあるんですが、△4五歩▲同銀に△7七角成と切って、▲同金に△8六歩▲同歩に△8五歩と継ぎ歩するようです。

▲同歩は△同飛が王手銀取りになるので、同歩とは取れず、▲7八玉と逃げて、△8六歩と取り込んでいきます。

本譜は△3五歩▲同飛に△3八角と馬を作りに行きました。

ただ、▲2八歩と打ってから、▲2五桂と銀と角の両取りにされて、角は取られてしまいます。

名人戦4局

これは読み通りなんでしょうか。

一応銀桂と角の2枚替えですが、そんなに得したようには見えないんですが、どうなんですかね。

佐藤名人がどう考えているのか気になる所ですが。

この後は△8四桂に▲9九玉と潜りましたね。

ただ桂馬が端に効いてくるので、潜るのは少し怖いようにも見えますが…

ここも難しい所ですね。

佐藤名人は△3四歩と角を取りに行って、▲4四角△同銀▲同歩と角と銀の交換になりました。

さらに、△8六歩▲同歩△7六桂と捨てて、▲同銀に△4九角の飛車・銀両取り。

飛車が逃げて銀を取って馬を自陣に引きつけ、固くしました。

名人戦4局

こうなると、穴熊よりも右玉の方が固そうですね。

また、馬道も飛車道も直通しているのが怖いですし。

まずは、馬道を止めるため、▲5五歩と突きましたね。△同馬は▲4三歩成が入ってしまうので、△5三馬と引く一手ですね。

続いて、▲4七飛と浮いて、5九銀の割り打ちを消したんでしょう。

佐藤名人は△3三桂と遊び駒を活用し、△5六銀から△4五桂と跳ねていきました。

名人戦4局

対して稲葉八段は端攻め。

こちら側は薄いので、右玉には弱点ですよね。

ただ、穴熊にとっても端は弱点ですし、これが傷にならないかどうかという所ですね。

△8四銀と桂馬を取りに行き、▲4六飛と銀を取りにいきましたね。

ただ、△5七桂成から△6七銀成と攻められつつ逃げられて、からぶった感じになってしまいました。

ソフトは浮くよりも▲5九飛を推奨していました。

△5七桂成は2枚替えになってしまいますから、△4七銀成とするしかなくて、これなら飛車が効いているんじゃないかと思います。

後は穴熊埋める受けで粘ったんですが、桂馬など安い駒と交換されて、引き剥がされてしまいましたね。

これで2勝ずつの5分に戻りましたね。

この後どうなるのか?

勝敗もそうですが、将棋自体も定跡全く無視の力戦になったり、本譜のように穴熊まで行ったりと、

新しい将棋がたくさん見られるので、かなり楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*