第91期 ヒューリック杯棋聖戦五番勝負第二局 渡辺明棋聖vs藤井聡太七段の対局速報


渡辺明棋聖vs藤井聡太七段

第91期 ヒューリック杯棋聖戦五番勝負の渡辺明棋聖と藤井聡太七段の第二局が行われます。

第1局は、藤井七段の先手番で矢倉になりました。

最後の最後まで難しい終盤で、渡辺棋聖が一気に畳み掛けましたが、藤井七段が完全に読み切って勝ちとなりました。

藤井七段の終盤力が存分に発揮される展開で、面白い将棋でした。

次の第2局も白熱の終盤戦になると思いますし、楽しみです。

スポンサードリンク

成績とレーティング

渡辺明棋聖

今年度成績:2勝2敗(勝率:50.0%)
通算成績:659勝333敗(勝率:66.4%)
レーティング:1928
順位:3位

<戦型選択>

居飛車:95.6%
 矢倉:11.8%
 角換わり:29.6%
 横歩取り:8.4%
 相掛かり:14.3%
 力戦:18.2%
 対抗系:13.3%

振り飛車:4.4%
 中飛車:3.4%
 ノーマル四間飛車:0.5%
 向かい飛車:0.5%

藤井聡太七段

今年度成績:7勝1敗(勝率:87.5%)
通算成績:176勝33敗(勝率:84.2%)
レーティング:1955
順位:1位

スポンサードリンク

<戦型選択>

居飛車:99.0%
 矢倉:11.3%
 角換わり:29.2%
 横歩取り:4.6%
 相掛かり:13.8%
 力戦:12.3%
 対抗系:27.7%

その他:1.0%

棋聖戦 第二局 渡辺明棋聖vs藤井聡太七段の日程

2020年6月28日(日)9時から対局が行われます。

持ち時間は各4時間です。

先後は第1局の振り駒の結果、藤井七段の先手番となりましたので、次は渡辺棋聖の先手番となります。

棋聖戦 第二局 渡辺明棋聖vs藤井聡太七段の中継

中継はAbemaTVにて、行われます。

AbemaTVはこちら

解説は藤井猛九段と阿部健治郎七段で、聞き手は加藤桃子女流三段と山根ことみ女流二段です。

戦型予想

第1局が矢倉でしたので、次の先手番の渡辺棋聖がどうするかですね。

また、矢倉にするのもありますし、角換わりや相掛かりもありますね。

渡辺棋聖はタイトル戦の番勝負で、色んな戦法を指すことが多いですし、おそらく変えてくるのではないかと思います。

藤井七段が角換わり得意なので避けることを考えると、相掛かりと予想します。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*