藤井聡太四段が止まらない!第30期竜王戦で、星野良生四段に勝利【棋譜あり】


第30期竜王戦の6組ランキング戦にて、藤井聡太四段が星野良生四段に勝ち、12連勝となりました。

藤井四段が全く止まらないですね。

一体どこまで勝ち続けるのか?

ただ、次の相手はNHK杯で、千田翔太六段とのことで、かなり厳しい対局になるんじゃないでしょうか。

見ている側からしたら楽しみで仕方ないですが、本人はかなり大変でしょうね。

それはさておき、星野良生四段との棋譜をどうぞ。


これはなんでしょう。

角換わりの出だしから、星野四段が嫌われて、矢倉のような力戦調の将棋になりました。

藤井四段は角換わりが得意なので、得意戦法に持って行きたくないということですかね。

ただ、藤井四段、矢倉も得意なので、難しい所ですよね。

藤井四段vs星野四段

藤井四段だけ、飛車先の歩が切れていますが、その分、星野四段は駒組みを進めていて、矢倉が完成しています。

星野四段としては、後は攻めて行くだけですね。

逆に落ち着いてしまうと、藤井四段も矢倉を完成させてしまい、藤井四段が飛車先の歩を交換したけが残ってしまいますので。

スポンサードリンク

そうなると、不利になってしまいます。

ということで、星野四段が先に攻めていきました。

藤井四段vs星野四段

△4五歩と突いて、開戦しました。

▲同歩なら、△2八角成と飛車が取られてしまいます。

なので、藤井四段は、▲5五歩と突き返して、角道を弱めました。

もし何もしなければ、△4六歩から、▲同金と取れませんから、▲5七金か▲3七金とするんですが、そのまま△4七歩成とと金を作られてしまいます。

そのための▲5五歩ですね。

ここから角の効きで攻めに行こうとしますが、角を追われてしまい、逃げるしかなくなってしまいました。

藤井四段vs星野四段

ここから星野四段は何とかあやをつけようとしますが、逆に固くなってしまいました。

藤井四段vs星野四段

4六にいた金が6六まで来てしまいましたからね。

こうなると苦しいですね。

藤井四段からしたら、▲7三歩成△同桂▲7四歩の楽しみも残っていますし。

この次のその筋で攻めていき、桂馬を取って、▲3四桂。

この両取りが厳しいですね。

それでも何とか粘って、飛車の叩きの連打。

藤井四段vs星野四段

ここで、▲同飛と取らずに、▲2九飛と引いたんですが、

▲同飛は、△1五銀とさらに追われつつ、銀が逃げられるのがイヤだったってことでしょうか。

まぁ、引いておけば、飛車を狙われる心配もなくなりますから、引いておくほうが得策ですかね。

後は、銀を取って、▲6三とから挟撃して、逃げ道もなくなり、投了やむなしですね。

盤石な将棋で、星野四段に何もさせませんでした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*