佐藤天彦名人と稲葉陽八段の第75期名人戦第1局の棋譜はこちら


ついに始まりました名人戦。

佐藤天彦名人に稲葉陽八段が挑みます。

それでは、棋譜の方をどうぞ。



スポンサードリンク

横歩取りの展開になりましたね。

佐藤名人は、青野流とか佐々木流とかはせずに、▲3六飛と引いて、相手には歩を取らせないようにして、一歩得を主張する指し方ですね。

名人戦

ちなみに青野流であれば、この▲3六飛に変えて、▲5八玉、佐々木流であれば、▲6八玉と上がります。

後は、▲3六歩から▲3七桂と跳ねて桂馬を使っていく展開です。

本譜に戻りまして、稲葉八段は、△8五飛と飛車を一つだけ引く中座飛車にしました。

名人戦

最近では、△8四飛の方が多いでしょうか。

特に佐藤名人はそうですよね。

△8四飛から、△2四飛と飛車をぶつけて、戦う構想を得意としていますよね。

それもあって、稲葉八段は、中座飛車にした可能性もあるかもしれないですね。

わざわざ相手の得意な展開に持っていく必要はないですしね。

この辺の応酬も気になる所です。

名人戦

そこから駒組みが続いて、稲葉八段は中住まいにして、佐藤名人は中原囲いにしましたね。

佐藤名人としては、▲6九玉と玉が落ちたかった所でしょうか。

そちらの方がより固くなりますからね。

本譜はこのまま戦いになりました。

名人戦

▲2五歩と佐藤名人が突っかけて、△同歩に▲3六飛と逃げるんですよね。

この狙いは何なんでしょうか。

▲同飛は△2四歩と打たれて一手パスなので、▲同桂だと思いますが、▲同桂で何かイヤな手があったんですかね。

浮かむ瀬は、▲同桂の一手だと言っているので、良く分かりません。

以下の展開としては、△7七角成▲同桂に、△2四歩と桂馬を狙ってくる手には、▲7五歩と桂頭を狙いつつ、飛車の横道を通します。

名人戦

スポンサードリンク

△2五歩には、▲8六飛と飛車をぶつけて先手がいいようですし、△6三銀と桂頭を守るのであれば、▲1三桂成から端攻めして先手がいいようです。

この辺り、佐藤名人はどう考えていたのか? 気になります。

本譜は、▲3六飛と逃げて、△3五歩とさらに追われます。

▲同飛に△2六歩ですね。

と金を作られたら困りますので、▲2五飛と戻ります。

名人戦

ただ、ここからの稲葉八段の攻めが厳しかったですね。

△8五桂と跳ねて、角を攻められます。▲3三角成は△同桂が飛車に当たってくるのでイヤですね。

なので、▲6六角とされたと思うんですが、△同角▲同歩から、△3四角。

名人戦

この飛車・金両取りが決まって、辛いですね。

佐藤名人は△8五桂の一手を見落としていたとのことで、一気に悪くなってしまいましたね。

また、最後の桂打ちもスゴい一手ですね。

名人戦

何もしなければ、△6七桂成▲4九玉△3八金までですし、

▲同歩と取っても、△6七馬▲同玉△8九角▲7八桂△同飛成▲5七玉△5六金▲同玉△6八龍▲4六玉△4五金までですね。


受けがありませんので、佐藤名人も投了となりました。

王将戦や棋王戦でも、挑戦者が先勝していましたが、名人戦もそうなりましたね。

ただ、王将戦では久保九段が奪還して、棋王戦では渡辺棋王が防衛。

果たして、名人戦はどうなるんでしょうか。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*