藤井聡太七段の対局予定!大石直嗣七段とヒューリック杯棋聖戦 二次予選


第90期 ヒューリック杯棋聖戦 二次予選にて、大石直嗣七段と藤井聡太七段の対局が行われます。

棋聖戦は、1次予選と2次予選でトーナメントを行い、その中で勝ち上がった棋士とシード棋士で、決勝トーナメントが行われます。

2次予選トーナメントは、この次に勝ちますと、決勝トーナメントに上がれます。

この対局を入れるとあと2回ですね。

次の対局相手は久保利明王将か斎藤慎太郎王座のどちらかとなります。

いずれにしてもタイトル保持者で、かなり楽しみですね。

スポンサードリンク

成績とレーティング

藤井聡太七段

今年度成績:306敗(勝率:83.3%)
通算成績:101勝18敗(勝率:84.8%)
レーティング:1862
順位:3位

<戦型選択>

居飛車:99.0%
 矢倉:9.6%
 角換わり:23.1%
 横歩取り:24.8%
 相掛かり:5.8%
 力戦:17.3%
 対抗系:30.8%

その他:1.0%

大石直嗣七段

今年度成績:10勝9敗(勝率:52.6%)
通算成績:217勝146敗(勝率:59.7%)
レーティング:1642
順位:53位

<戦型選択>

居飛車:76.7%
 矢倉:4.7%
 角換わり:14.0%
 横歩取り:14.0%
 相掛かり:14.0%
 力戦:14.0%
 対抗系:16.3%

スポンサードリンク

振り飛車:20.9%
 中飛車:14.0%
 角交換四間飛車:2.3%
 向かい飛車:4.7%

その他:2.3%

第90期ヒューリック杯棋聖戦二次予選 大石直嗣七段vs藤井聡太七段の日程

2018年12月25日(火)9時30分から行われます。

持ち時間は各3時間です。

第90期ヒューリック杯棋聖戦二次予選 大石直嗣七段vs藤井聡太七段の中継

中継はAbemaTVで行われます。

AbemaTVはこちら

解説は高見泰地叡王と中村太地七段で、聞き手は香川愛生女流三段と中村桃子女流初段です。

戦形予想

藤井七段は居飛車党で、大石七段はオールラウンダーですね。

朝日杯将棋オープン戦一次予選と棋王戦予選で対局していて、朝日杯では相掛かり、棋王戦予選では大石七段がダイレクト向かい飛車を採用しました。

どちらも藤井七段の勝利となりましたが、長手数の大熱戦になっていて、またすごい対局が見られるのではないかと思います。

戦形は、居飛車も振り飛車も全部考えられますが、最近は居飛車が多くなっていますので、相居飛車になりそうです。

そうなると、再び相掛かりになるような気がします。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*