角換わりに片美濃囲いは有力!?~面白戦法~


将棋ウォーズ10分切れ負け。

角換わり戦になりました。



スポンサードリンク

相手が飛車先を突いてきたので、こちらも突き返して、△3四歩なら▲7八金とし、△3二金なら▲7八銀と都成流を目指します。

本譜は、△3二金でしたので、▲7八銀と都成流ですね。

角換わり

そのまま飛車先を突いてきてもらいたかったんですが、△3四歩と角道を開けられました。

このときに、▲7七銀と矢倉を目指したり、本譜のように▲2二角成と角換わりにしたりと、どちらもできるのがこの都成流の良さですね。

後は自然に指していったんですが、相手は面白い戦法で、片美濃囲いにされました。

角換わり

これはどうなんでしょうね?

このままですと、飛車が狭いので、飛車をどう使っていくかが問題ですね。

簡単に考えられるのは、△8四飛と浮き飛車にして、使うことでしょうか。

理想としては、そこから△3五歩を突いて、△3四飛と回ってひねり飛車みたいにできればいいと思いますが…

▲3六歩を先に突かれてしまいますよね。

スポンサードリンク

先手としては、ひねり飛車にされたくないというより、桂馬を使っていきたいですからね。

あるいは早繰り銀を見せつつ棒銀や腰掛け銀にしたり。

かと言って、先に△3五歩を突けば、▲2四歩と飛車先の歩の交換をされるでしょうね。

そこから飛車浮いて、横歩取りの後手番のように飛車ぶつけみたいな手もあるんですかね。

浮かむ瀬で検討すると、後手があんまり良くないみたいですが。

何かできそうなんですけどね。

研究したら、結構面白そうです。

本譜は銀と金を上がられたんですが、▲2二角があるので、少し厳しいような気がします。

角換わり

そもそも▲4七銀と上がる前に指すべきだったんですけどね。

完全に見落としていました。

後は角を打って、銀をさばいてこられました。

角換わり

ここは、△3九銀の割り打ちがあったので、▲2九飛と引きました。

角が玉を睨んでて、怖い格好だったんですが、あっさり引いてくれたので、ここは助かりました。

角換わり

ここで詰んでましたね。

▲同角成△同玉▲5三金△7二玉▲6二金打まで。

簡単な詰みだったんですが、成銀取ることと銀成ることしか考えていませんでした。

ただ、成銀取ると、△3八金の飛車・角両取りがあったので、止めました。

後は遅い攻めで、なんとか勝てました。

もっと厳しい攻めをしないとダメですね。

角換わり

ここも馬が逃げてるようじゃダメですね。

▲同馬△同玉に▲5一銀△5三玉▲4四金△5二玉▲4三金△6一玉▲6二金までの詰みがありますし。

何度詰みを逃しているんだって感じですね。

終盤の弱さが露呈した将棋でした。

終盤力をもっと鍛えないとダメですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*