【AbemaTV決勝トーナメント第1局】藤井聡太七段vs髙見泰地叡王の棋譜と結果!一手損角換わり


第1回AvemaTVトーナメント決勝トーナメント 第1局の藤井聡太七段と髙見泰地叡王の棋譜です。



スポンサードリンク

髙見叡王が後手番ながら角交換して、一手損角換わりになりましたね。

△8四歩~△8五歩を入れて、▲7七角としてから、△7七角成とすれば、手損はしませんが、8五歩まで決める必要があります。

なので、将来的に△8五桂といった手が消えるので、どうかですね。

どちらも一局ですね。

髙見叡王vs藤井七段

藤井七段は手得を活かして、早繰り銀で攻めにいきます。

髙見叡王は△8六歩の突き捨ての切り返しですね。

▲同歩なら△8五歩と合わせて、▲同歩△同飛が銀・桂の両取りがかかります。

ということで、▲同銀と取りましたね。

6六歩を突いていなければ、△5五角の飛車・香両取りがかかりますが、6六歩を突いているので、その両取りがありません。

とは言え、次に▲3四歩から攻める筋がありますし、△3四歩と先に打っても▲2四歩から銀がさばかれてしまいます。

なので、△5五角を打って、飛車を狙っていくしかないですね。

▲4六角と合わせて、△5四銀▲5五角△同銀▲3四歩が入ります。

髙見叡王vs藤井七段

髙見叡王もなんとか反撃して、△6五歩から攻め筋を作っていきます。

藤井七段は▲4六歩と角に働きかけていきます。

△同銀なら▲6四角の銀・桂両取りですね。

△3六角とかわして、▲3四歩△2五桂。

3四の拠点を活かして、玉を引っ張り上げて、髙見叡王も6六歩の取り込みから終盤の寄せ合いになりました。

スポンサードリンク

髙見叡王vs藤井七段

髙見叡王は△6二飛と回って、上から押していきます。

5五金と取れなくなったのも大きいですね。

藤井七段は▲6三飛△同飛と叩いて、▲4五歩。

△同玉は▲4六銀△同銀▲5六角△5四玉▲4五角の王手飛車があります。

なので、△3四玉とかわしましたね。

ただ、▲2三銀と打って、△同玉なら▲4一角の王手飛車があります。

藤井七段は▲2二角と打って、玉をしばりつつ6六に足しました。

攻防の角ですね。

それでも、△6六飛から詰んでいたようです。


早指しですし手数もかかるので、読み切るのは大変ですね。

一手でも読み抜ければ、すぐに負けになりますし。

髙見叡王は△4四歩と角道を止めました。

▲7八玉と早逃げしましたが、△6九銀▲同玉△6七金と打ちました。

髙見叡王vs藤井七段

金を打って、金が寄っていって、△6六飛と金を取って詰めろ飛車取りですね。

▲9六歩と詰めろを回避しましたが、△2六飛と飛車を抜かれて、髙見叡王の玉が寄らなくなりました。

藤井七段はなんとか迫っていきましたが、髙見叡王は安全に入玉を目指しました。

髙見叡王vs藤井七段

ここで、藤井七段の投了となりました。

以下、▲同玉△8八飛▲9七玉△8五桂打▲同銀△同桂までです。

序中盤は藤井七段が主導権を握って攻めましたが、髙見叡王の勝負手からあやしくなっていきました。

これが早指しの魅力ですね。

最後の最後まで分からない、面白い将棋でした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*