第1回AbemaTVトーナメント決勝戦第1局|佐々木勇気六段vs藤井聡太七段の棋譜と結果


第1回AbemaTVトーナメント決勝戦の佐々木勇気六段と藤井聡太七段が第1局の棋譜です。



スポンサードリンク

角換わり腰掛け銀になって、佐々木六段は5八金型、藤井七段は6二金型にしましたね。

佐々木六段vs藤井七段

△6五歩から先に藤井七段が動いていき、▲6四歩と反撃しました。

△5六銀なら▲6三歩成△同金▲7二角が決まります。

なので、△5四銀と引きましたが▲5五銀と押し付けていきます。

銀が逃げると歩成りが入ってしまうので、取るしかないですね。

歩成りが入って、△5一玉で受けました。

佐々木六段vs藤井七段

藤井七段はと金を払って、角を打って馬を作ります。

佐々木六段は3筋から攻めていきます。

▲2五桂に銀が逃げると角を切って▲3二飛成があるので、逃げにくいですね。

逃げるとしたら、△3四銀ですが▲5七角から角と馬の交換になって銀取りをまた受ける必要があります。

受ける展開が続くので、この超早指しではあまりいい展開ではないですね。

受け間違えると、すぐに潰されてしまいますので。

藤井七段は△6五桂と跳ねて攻め合いにいきました。

佐々木六段vs藤井七段

佐々木六段は▲6五銀と攻め続けます。

銀と銀・桂の2枚替えですが、上部が薄くなり角道も通ってくるので、どうかですね。

スポンサードリンク

そこで、▲8二銀と打っていきました。

これには△5七馬がピッタリみたいですね。

王手なので▲同角しかありませんが△8二飛と取っておいて、金銀と角の2枚替えですね。

早指しということもあり、△2一飛と逃げましたね。

佐々木六段vs藤井七段

▲6四桂の勝負手がスゴかったですね。

△同歩▲同飛△5二玉▲7三銀成の詰めろ。

なにもしなければ、▲6二飛成△4一玉▲6一龍△5一桂▲5二金△3一玉▲5一龍△2二玉▲3四桂△1二玉▲2一龍△同玉▲2二飛△同金▲同桂成△同玉▲3四桂△1二玉▲2二金までですね。


なので、受けるか詰ますかですが、藤井七段は詰ますことを選択しました。

ただ、金と角が手厚くて詰まなかったですね。

受ける場合は、△3四桂と「敵の打ちたいところに打て」の格言通りで詰みが消えたようです。

佐々木六段vs藤井七段

▲6二飛成で詰みということで、藤井七段の投了となりました。

この後、2局を藤井七段が勝たれまして、藤井七段の優勝となりました。

超早指し戦は勝負手が決まりやすいのもありますし、形勢が悪くても最後までどうなるかわからないのが楽しいですね。

ネット将棋でも、こういった早指しが多いですし、参考になることは多いですね。

AbemaTVトーナメントはぜひあこれからも続けてもらいたいなと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*