叡王戦第1局 永瀬拓矢七段vs髙見泰地叡王の棋譜速報!角換わり早繰り銀


第4期叡王戦七番勝負 第1局の永瀬拓矢七段と髙見泰地叡王が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は角換わりになりましたね。

ただ腰掛け銀ではなく、永瀬七段は早繰り銀にしました。

早繰り銀には相早繰り銀のような展開も増えてきていますが、髙見叡王は先に△6四歩を突いたので、腰掛け銀しかないですね。

継ぎ歩の反撃

髙見叡王vs永瀬七段

先に永瀬七段が攻めて、落ち着いてから髙見叡王の反撃。

△8六歩と突き捨てて、△8五歩の継ぎ歩ですね。

▲同歩なら△同桂で▲6六銀なら△6五歩がありますし、▲8八銀なら△8七歩▲同金△9七桂成▲同香△8六歩があります。

▲7七金は△同角成▲同銀△8七歩成が入りますので、後手の勝ちになります。

当然、△8五歩は取らずに▲3四歩△5五角▲3七桂という展開になりました。

銀の打ち込みvs角の放り込み

髙見叡王vs永瀬七段

髙見叡王は△8七銀と打ち込んでいきます。

▲同歩△同歩成は攻めが速くなってしまいますので、取らないほうがいいですね。

ということで、▲5五歩△6五銀と下げさせてから、▲2一角と放り込んでいきます。

△7八銀成▲同玉△3一金打とすれば、捕まってしまう形ではありますが、▲3三銀成△同金▲4三桂とかありますので、取りにいってもかなり難しいです。

なので、△3一歩で角を閉じ込めて受けましたね。

永瀬七段としても、ひとまず角を取られる心配はなくなりましたので、ここでどうするかでしたが、▲4五桂と桂馬をさばきにいきます。

桂馬をさばくことで、銀をさげて飛車先を軽くできますが、髙見叡王の角も使いやすくなるので、怖い意味もあります。

鋭い桂跳ねと鋭い桂打ちから成り捨て

髙見叡王vs永瀬七段

△6五桂は鋭い手でしたね。

▲同歩は△6六桂の両取りがありますので、取れません。

取られなければ、かなり良い所に効きますので、攻めの拠点になります。

永瀬七段も▲6三桂と反撃します。

△同金は角換わりによく出てくる▲7二銀の筋ですね。

スポンサードリンク

なので、△5二玉とあがりました。

▲7一桂成とすぐに成り捨ていきます。

髙見叡王vs永瀬七段

△同飛と飛車の効きがズレれば、▲8七歩と銀を取れるようになりますし、▲3二角成から攻める手もあります。

髙見叡王としてもここが攻めどころということで、△7八銀成▲同玉△8七歩成と成り捨てていきます。

▲同玉なら△6九銀で飛車が成り込もうということでしょうか。

詰めろになりつつ、成桂を無視できるのも大きいですね。

なので、永瀬七段は取らずに▲6七玉とかわします。

詰めろ飛車取り

髙見叡王vs永瀬七段

△4四銀が厳しい手で、飛車が逃げると△7七金▲同桂△同と▲5六玉△5五銀で詰みとなります。

▲同銀△同角もまた飛車に当たるのがイヤですね。

ただ詰めろではありませんので、そこで飛車が逃げることはできます。

飛車は助かりますが、守り駒がなくなって玉がかなり狭いので、筋に入ってもおかしくはないです。

なので、▲6五歩と桂馬を外して、△3五銀▲8一成桂と飛車の取り合いになりました。

そこから髙見叡王が一気に寄せにいきます。

5五金がおかしかったか

髙見叡王vs永瀬七段

△5五金に▲5七玉と引かせて、△4五金と取りましたが、▲3四角で抜かれてしまいますので、少しおかしい気がしますが、この辺りはどうだったんですかね。

ソフトは△6九飛を入れてからを推奨していて、合駒なら△5五金から本譜と似た展開ですね。

ただ、飛車がいますので、金を抜かれた後に△5四銀と上から角を狙いつつ玉を寄せていけば良いようです。

△6九飛に▲5七玉でも△6六金と上から押さえていけば良いようです。

△6九飛を入れるかどうかで、かなり寄せやすさが変わってしまったようで、難しいところですね。

永瀬七段の反撃

髙見叡王vs永瀬七段

永瀬七段は、玉が寄らなくなって自陣が安全に成ったということで、▲6三歩と反撃に出ます。

△5六馬と迫っていきますが、▲6七銀△4五馬▲6二歩成△同玉。

そこから永瀬流の受けで、▲5六金と自陣を手厚くします。

△8一馬と成桂は抜かれてしまいますが、▲6五歩と上から押さえられてしまいます。

後は小駒で髙見叡王に反撃の手を許さずに寄せ切りました。

投了図以下

髙見叡王vs永瀬七段

ここで、髙見叡王の投了となりました。

以下は△同馬▲同歩成△同玉▲5五桂△7二玉▲7三飛△同銀▲6三角△8三玉▲7三桂成△同玉▲6三飛△8四玉▲6二角△9四玉▲8六桂△8五玉▲8三飛成△7六玉▲7七銀打までとなります。

難解な中盤戦になって、髙見叡王が先に抜け出しましたが、そこからの永瀬七段らしい粘りで巻き返して、ものにしました。

最初から最後まで見どころが盛りだくさんで良い将棋でした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*