藤井聡太七段vs中村亮介六段の棋譜と結果【第44期棋王戦予選】


第44期棋王戦予選の藤井聡太七段と中村亮介六段が対局の棋譜です。



スポンサードリンク

中村六段はノーマル四間飛車で、藤井七段は居飛車穴熊にしました。

藤井七段vs中村六段

△4五歩と伸ばして、角道を開けました。

▲6六歩と角交換を拒否するのもありますが、ソフトは好まずむしろ▲3三角成と交換するのを推奨しています。

藤井七段も▲5七銀とあがってから、角交換していきました。

藤井七段vs中村六段

▲6八角と打って、玉をにらみました。

玉頭から攻めていく狙いですね。

スポンサードリンク

中村六段は銀冠にして、端から手を作りにいきました。

藤井七段vs中村六段

歩を垂らして、▲同香なら△8五銀や△8五角で香を狙っていくと思います。

香さえ取ってしまえば端攻めしやすくなるので、居飛車側からするとかなり怖いですね。

藤井七段も取らずに▲2四歩△同歩▲3五歩△同歩▲3四歩と2筋から攻めていきました。

△同銀なら▲2四飛で銀・桂取りが受けづらいです。

△2二銀と引かせて、▲7八飛と回って、本命の玉頭攻め。

たんに▲7八飛でも良かったと思いますが、銀を下げさせたほうが得ということでしょうか。

藤井七段vs中村六段

中村六段は上から押さえに行って、藤井七段は端を逆利用して攻め返します。

△9七歩と垂らしましたが、▲同銀で問題ないですね。

さらに▲8八銀右と引いて、飛車先を通します。

藤井七段vs中村六段

端を攻めて香を取ってから、飛車も切っていきます。

△同角に▲7八香と打って、中村六段の投了となりました。

角が逃げても玉の小瓶を狙われて持たないですね。

藤井七段の玉は穴熊がしっかりしていて、飛車1枚では攻められません。

香を取られて端攻めもできなくなってしまいましたので、なんの楽しみもないですね。

なので、投了やむなしだと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*