第59期王位戦第7局 豊島将之棋聖vs菅井竜也王位の棋譜と結果!銀冠穴熊vs四間飛車穴熊


第59期王位戦の豊島将之棋聖と菅井竜也王位の第7局です。



スポンサードリンク

菅井王位は振り飛車穴熊にして、王位戦第6局と同じ感じになりました。

ただ、豊島棋聖が変化して、▲6六角ではなく、▲6六銀として穴熊にいきました。

なので、玉頭銀がなくなりましたね。

その分4筋が弱くなったのでどうかですね。

豊島棋聖vs菅井王位

穴熊に組んでから銀を引いて、角をぶつけていきます。

囲いがある程度完成したので、角交換して攻める準備ですね。

△7七同角成▲同銀で、▲8八銀ともう1度引かないといけませんので、手損にはなりますが、菅井王位も2筋を受けないといけませんので、そこまで気になりません。

△2二飛と回って受けるんですが、▲6六角に△3三角と合わせて再び角交換して、3三桂の形にしました。

これが手損になるのか決めさせたとなるのかですね。

そこから、お互い動けずに豊島棋聖は銀冠穴熊にします。

菅井王位も硬めにいきたいところですが、歩が伸びていて隙ができやすいので硬めにいきにくいです。

なので、バランスを取って隙をなくしていきます。

豊島棋聖vs菅井王位

▲7八金右とくっつけた手に対して、△8四角と浮いた銀を狙いにいきます。

△3九角もありますが、▲5八飛△2四歩▲6八角△2五歩▲3八飛と回って、角を取れるので先手が指せます。

豊島棋聖は▲6六歩と受けて、△同歩に▲3七角と打っていきます。

スポンサードリンク

玉頭をにらみますし、飛車が回ったときに2筋を受けることもできますので、打って損のない角ですね。

豊島棋聖vs菅井王位

その後、豊島棋聖は強く▲6六銀と出ていきます。

△6五歩も考えられましたね。

▲5七銀だと上がった意味がありませんので、▲同銀と取るということでしょうね。

△3九角成に飛車が逃げるのか▲7四銀とさらに出ていくのかですね。

ソフトは▲7四銀と出て先手が400点ぐらい指せるとのことでした。

菅井王位は△6二飛とまわって6筋から攻めにいきます。

豊島棋聖vs菅井王位

▲9五歩と豊島棋聖は端攻め。

桂馬が跳ねて端攻めの形ができたので、玉頭を一気に攻めていきます。

ただ、豊島棋聖にとっても端は弱点ですので、間違えるとそのまま負けになることも十分ありますね。

△9五同歩に▲7五歩と突いていきます。

△同歩は▲8五歩△9三角▲9五香でかなりマズいですね。

菅井王位は△6五歩と突きます。

▲7四歩△8四角に▲8五歩であれば△6五歩と角を取らせている間に6筋から攻める狙いですね。

豊島棋聖は▲7六金と受けます。

豊島棋聖vs菅井王位

菅井棋聖はと金を作って、豊島棋聖は角を取って▲5一角と打ちます。

△7七と と寄って▲同金△6九飛成はさすがにマズイので、飛車を取って菅井王位は金と角を取って、2枚替えですね。

ただ手番は豊島棋聖なので、ここで一気に攻めていきます。

▲9四歩と叩いて▲9三歩△同桂の形にして、角を切っていきます。

豊島棋聖vs菅井王位

さすがにこうなってしまうと菅井王位が苦しそうですね。

上から押されて筋に入ってしまいましたね。

最後に△7七角と形を作って、豊島棋聖が寄せきりました。

豊島棋聖vs菅井王位

▲6三金で菅井王位の投了となりました。

以下、△8二玉▲7二飛成△9一玉▲9二銀までですね。

これで、豊島棋聖が王位を取り、豊島二冠となられました。

ついに覚醒ですかね。

このままタイトルを取り続けるというのもありそうです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*