第67期王将戦第1局 久保利明王将vs豊島将之八段の棋譜速報!相振り飛車


第67期王将戦七番勝負 第1局 久保利明王将と豊島将之八段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

久保王将は四間飛車にして、豊島八段は向かい飛車にして、相振り飛車になりました。

久保王将vs豊島八段

豊島八段は居飛車党ですが、順位戦でも同じ久保王将との対局で、相振り飛車にしていましたね。

相振り飛車の研究もしているということなんでしょうか。

ここから囲いあって、豊島八段は美濃囲いにしました。

久保王将は右矢倉にしようという所で、豊島八段が仕掛けました。

久保王将vs豊島八段

銀をぶつけて、銀交換しにいきました。

これは交換するしかなさそうですね。

逃げたら3六の歩を取られてしまいますので。

右矢倉は手数がかかるので、その隙をついた感じですね。

▲同銀△同歩▲3三角成△同桂と一気に銀と角の交換になりました。

▲6六角ともう一回打ち直して、▲4四銀と打たれたら困るので、先に△4四銀。

敵の打ちたいところに打ての格言通りですね。

▲7七桂と桂馬を活用して、豊島八段は早繰り銀のように攻めていきました。

久保王将vs豊島八段

スポンサードリンク

▲2三歩△同飛▲3二銀と割打ちの銀で切り返して、△3七銀成▲2三銀成△3八銀成▲同玉と飛車は捨てて攻めにいきました。

美濃囲いが硬いので、飛車は取られても問題ないということなんでしょう。

久保王将vs豊島八段

一気に激しくなりましたね。

△2八歩も厳しい一手で、▲同玉は△2六歩が詰めろで入ります。

頭に銀と金を打って詰みですね。

なので、歩は取れないということで、▲2四成銀と引いて、桂馬を取りにいきました。

この桂馬が利きすぎているので、仕方ないですね。

歩成って桂馬を取って、△3七歩。

久保王将vs豊島八段

と金を取ると、△3八銀から2八に逃げても1八に逃げても△2七金で詰むので、と金は取れません。

▲同玉ですと、△3三桂と成銀を狙われます。▲2四成銀は△1五角で取られてしまいます。

▲2六成銀なら成銀は助かりますが、玉の退路がなくなるので、△2八銀からほぼ寄ってしまいます。

なので、歩は取れずに▲4八玉と避けました。

△3九とと寄っていって、と金で迫っていきました。

久保王将vs豊島八段

ただ捨てが非常にうまいですね。

▲同玉は△6八銀成と飛車取って、▲同金で金が玉から離れて裸にできます。

△2八飛としばっておいて寄ってしまいそうです。

なので、▲6九玉と逃げて、△6八銀成▲同玉△2八飛。

久保王将vs豊島八段

攻めが厳しいですね。

▲6九銀と受けましたが、△5九金とたしていって、一気に寄ってしまいました。

久保王将vs豊島八段

豊島八段が激しい変化に持っていって、そのまま攻め切りましたね。

受けも強いですが、激しい変化も得意とされていますよね。

何でもできるので、全くスキがないです。

王将戦の棋譜

第2局:四間飛車vs居飛車穴熊

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*