魂の七番勝負 佐々木勇気六段vs藤井猛九段の結果と棋譜!藤井システムに対する居飛車急戦


魂の七番勝負~若手vsトップ棋士~第2局、佐々木勇気六段と藤井猛九段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

藤井九段が藤井システムを見せたのに対して、佐々木六段は急戦に切りかえて、積極的に動いていきましたね。

藤井九段vs佐々木六段

▲5五角とあがって、歩を狙っていきましたね。

△6三金と高美濃囲いにしたい所ですが、玉が6二の位置で不安定ですし、すぐに▲3五歩から仕掛けてくるので、玉を囲えないんですよね。

なので、銀があがって受けます。

▲3五歩と仕掛けて、△同歩に▲4六銀と出ていくのが攻め筋ですね。

取られそうな歩を伸ばすのはだいたい好手ということで、△3六歩もありますね。

▲3五銀と出てきたら、△5四歩▲8八角と角を追い払ってから、△3七歩成と成り捨てて、▲同桂に△3六歩と打って桂馬を取りにいきます。

これには、▲2四歩と攻め返して、いい勝負です。


と金は作られてしまいますが、飛車先の突破は見込めますし、相手の玉の位置も悪いので、居飛車も十分やれるかなという感じですね。

この展開が嫌な場合は、▲3五銀とあがる前に、▲2六飛と浮いておく手もあります。

いずれにしても一局です。

藤井九段は、△3五歩とはせずに、△4五歩と突いて、角をさばきにいったんですね。

スポンサードリンク

▲3三角成△同桂▲3五銀と出ていきました。

次、▲3四歩と打たれると困るので、△3四歩と先に打って、▲同銀と取らせることで、歩を打たせないようにしました。

ただ、▲同銀とは取らずに、▲2四歩と飛車先を破りにいきましたね。

△同歩に▲同銀とすると甘いので△4六歩から逆に攻められそうです。

ということで、▲2三歩と垂らしましたね。

△同銀と取らせて、▲2四銀とぶつけていけば、手抜けば銀も桂馬も取られるので、今度は手抜けなくなります。

なので、▲2三歩を手抜いて△4六歩と攻めにいきました。

▲同歩は△3五歩と銀を取って、▲2二歩成も△4一銀と逃げて問題ないということでしょうね。

佐々木六段は▲同銀と銀を引きましたね。

銀が引けば攻めの脅威が減りますので、△2三銀と手を戻しました。

今度は▲3七桂と桂馬を使って攻めにいく方針にしましたね。

△7一玉と玉が逃げて、▲2五歩と合わせて、桂馬をさばきました。

そこから一転して、囲いあって、持久戦模様になりました。

藤井九段vs佐々木六段

藤井九段は金一枚の守りで、佐々木六段は天守閣美濃が崩れたような形ですね。

銀があがっているので、上部には厚くなっていますが、金銀の連結が離れているのが気になります。

藤井九段のガジガジ流

今度は藤井九段が積極的に動いていき、攻め返しました。

藤井九段vs佐々木六段

ここで、△4七飛成と飛車を切っていきました。

藤井九段らしい攻めですね。

△4七馬と馬で行くと、手抜かれて▲3三ととかされるのを気にしたんでしょうか。

△2九馬と飛車は取れますが、そっぽいっている感じがありますし、▲4二と△同金に▲2二飛の十字飛車とかもありますので。

飛車でいくよりないという所でしょうか。

それでも手抜いて▲3三とと、と金が寄っていきましたね。

▲同金△同馬は飛車金銀の3取りになりますので、ちょっとやりたくないですね。

△2八歩と飛車道を止めて、▲3九飛に△5七龍と切って、▲同金に△4八馬と入っていきました。

ホントにガジガジ流という感じの激しい攻めですね。

ただ、佐々木六段も負けてなくて、▲6一銀の割り打ちを入れて攻め返しにいきました。

△3九馬と飛車を取ったんですが、▲7二銀成△同玉に▲2二飛と打って△5一銀と受けましたが、▲4二金と打たれて、投了となりました。

藤井九段vs佐々木六段

詰みはありませんが、受けても一手一手ですし、佐々木六段の玉は遠くて迫る手もないので、投了やむなしですね。

魂の七番勝負の第1局もそうでしたが、激しい攻め合いでしたね。

お互い一歩も引かずに攻めあってて、熱かったです。

次はいよいよ藤井四段の登場となります。次も見逃せないですね。

魂の七番勝負の第1局 佐々木大地四段vs屋敷伸之九段はこちら

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*