竜王戦5組 中田 功七段vs藤井聡太四段の棋譜と結果!中田功XP


第31期竜王戦5組ランキング戦の中田功七段と藤井聡太四段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

中田七段はいつものようにノーマル三間飛車。

居飛車穴熊には、中田功XPで攻め切れるので問題ないという判断ですが、藤井四段は気にせず居飛車穴熊へ。

藤井四段vs中田七段

あえて相手の得意な戦法で戦うという強気な姿勢ですね。

▲6五歩と角道を開けたのに対して、△7三桂と跳ねて、すかさず歩を狙っていきます。

6五桂と跳ねられて、角・銀の両取りがかかると困るので、▲6八飛と受けました。

そこで、△5五歩と突き捨てて、角道を止めました。

▲同歩は角道が止まるのでやりたくないですね。

かと言って、▲同角は飛車先が受からなくなるので、困ります。

なので、▲6七飛と浮いて受けましたね。

藤井四段vs中田七段

振り飛車らしい受け方ですね。

それでも、△8六歩と突いて▲同歩△5六歩▲同銀として、△8六角。

スポンサードリンク

5六歩を取り込んだのは、8六角のときに△5五角と歩を取られる変化を消すためでしょうね。

取り込んでからであれば、5五角と出られても、歩が取られることはありませんので。

中田七段は▲6六角と逃げました。

△9五角と藤井四段は引いて、飛車成りの狙いですね。

受ける前に、▲1四歩。玉頭なので、飛車成りよりも厳しいということで、△同歩の一手に、▲1三歩△同香▲8七歩と受けました。

ただ、△8八歩から桂馬と取られてと金が作られて、藤井四段のペースに。

藤井四段vs中田七段

この歩も厳しいですね。

▲同金は△8七飛成が金にあたってきます。

次に、△5七龍▲同飛△6六角の王手飛車狙いですね。

なので、▲同飛と取って、△6六角の王手飛車を先にさせて、▲4八角と受けて、飛車・角交換に収めました。

ただ、龍は作られて、端攻めもしにくくなりましたね。

香が走ったときに、△1九飛から取られてしまいますので。

後は、藤井四段が桂馬2枚を使って、一気に攻め立てました。

藤井四段vs中田七段

△5八歩と叩いて、▲同金△同成桂▲同金は△6八飛とおろして、一気に寄ってしまいます。

なので、▲1四歩と叩いて、△同香▲3四銀と攻めにいきました。

△5九歩成と金を取られて、▲同角△5七桂不成で投了となりました。

藤井四段vs中田七段

後は、攻め筋がなにもないので、防戦一方になるだけになってしまいます。

いわゆる穴熊の暴力で攻められ続けて、一手一手になってしまうので、投了も仕方ないですね。

中田功XPが炸裂しましたが、藤井四段は難なくかわしましたね。

藤井四段の指し回しがすごすぎます。

ただ、こうしてみると振り飛車が苦しいように見えます。

振り飛車は、穴熊をどうするかが課題ですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*