順位戦C級2組 藤井聡太六段vs三枚堂達也六段の棋譜と結果!横歩取り青野流


第76期順位戦C級2組10回戦の藤井聡太六段と三枚堂達也六段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は、横歩取りになりました。

藤井六段は▲5八玉とあがる青野流にして、三枚堂六段は△5二玉と対応。青野流に対して、有力な手ですね。

藤井六段vs三枚堂六段

この辺りまで前例があったでしょうか。

どこで前例から外れたかは分かりませんが、ここは見たことがあるような気がします。

▲7四角△同歩。

△2五角と飛車の取り合いは、▲8三角成△同金▲7二飛で一方的に龍を作られて攻められるので、かなり苦しい展開になります。

なので、△同歩しかなく、▲2六飛△4四角▲2八飛△2六歩と押さえました。

▲1六歩△3一歩。

藤井六段vs三枚堂六段

傷を減らす狙いでしょうか。

ただ、ソフトはあまり表うかしていなくて、900点先手が有利になりました。

▲3五歩と角道を止めて、△同角は▲1五歩と突けば、2五か3六しか角が逃げられず、飛車で角が取れます。

なので、歩は取れないということで、△7五歩と突いていきました。

スポンサードリンク

△7六歩と金を退かして、角を成る狙いですが、▲6六金もあるので、突いても角は成れないですね。

そこで何かあるかどうかですが、藤井六段は先に▲6六金とあがって、かわしました。

これで、△5五角と出れなくなったのも大きいですね。

飛車が狙われる筋を気にしなくてよくなりました。

▲3六角と出て、△2六飛▲5四角と引いて、端にいた角を使いやすくしました。

藤井六段vs三枚堂六段

藤井六段は角を狙っていって、△6六角▲同飛と切って、△2七角成と馬を作りました。

馬は作れましたが、駒損しているので、どうかですね。

金一枚で攻めるのは難しそうなので、三枚堂六段のほうが苦しそうです。

評価値は、2400点ぐらい藤井六段がいいとのことで、ほぼ勝ちといってもいいぐらいの点差になっていました。

さすがにそこまで差が開いているようには見えませんが、ソフト的には絶望的ということなんでしょうね。

藤井六段vs三枚堂六段

頼みの馬もこれで消されてしまうとなると、やっぱりかなり辛いですね。

馬が逃げれば、▲8三角成△同金▲7二飛が決まってしまうので、交換に応じるしかありません。

△4四角とすぐに打って、▲6六角△7三桂▲7五飛。

△6六角▲同歩と角交換して、△9四角と打っていきました。

▲4八玉△6七角成と馬を作りました。

ただ、▲8一飛と下ろされて、飛車を止めるのが難しいです。

△8九馬と攻めにいきましたが、▲6一角と打たれて、すぐに潰されてしまいました。

藤井六段vs三枚堂六段

ここで、三枚堂六段の投了となりました。

藤井六段の玉は寄りませんし、7三歩成も受からないので、どうしようもないですね。

これで、藤井六段は順位戦C級2組を全勝で終えました。

ホントに強すぎますね。

記録もどんどん作っていっていますし、どこまでいくのか見てみたい気もしますし、恐ろしい気もします。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*