角換わり力戦!筋違い角四間飛車から居飛車に振り直し。


将棋クエスト5分切れ負けでの対局です。



スポンサードリンク

私が先手番です。

相手の方は、初手△6二銀と少し変わった出だしになりました。

ただ、初手は何を指しても、基本的に変わらないので、特に問題ないですね。

ということで、私は飛車先を突いていきました。

相手は角交換してきて、角換わりになりました。

筋違い角力戦

この場合は、▲2四歩と飛車先交換できるので、交換しにいきました。

銀があがっているため、飛車の横利きが止まっているので、銀取りを受ける必要があるからですね。

それともう1つありまして、△3二金とあがっていない形ですと、6二銀とあがっていなくても、飛車先交換できます。

かなりの乱戦になるので、好き嫌いは別れると思いますが。


飛車先交換したときに、△3五角が切り返しですが、それにはおとなしく▲2八飛と引いておいて、△5七角成に▲1五角という切り返しがあります。

筋違い角力戦

玉が逃げれば、銀がタダですので、玉は動けません。

△3二金とあがっていればこの筋はないんですが、あがっていないため、▲1五角が成立します。

銀取りを受けつつ王手を受けるためには、△3三桂しかありませんが、▲2二飛成と切って、△同飛に▲3三角成の王手飛車ですね。

△4二飛と戻るんですが、ここでどうするかですね。

▲同馬ももちろん考えられますし、▲1一馬と香と取る手もあります。

どちらも一局ですね。

本譜は、△3五角は▲2二飛成が入って終わってしまうので、△2三歩と受けるしかないですね。

▲3四飛と横歩を取る手もありましたが、おとなしく▲2八飛と引いてみました。

後は角換わりのような将棋ですね。

ただ、相手の方は、△6五角と筋違い角を打ってきました。

筋違い角力戦

打たせないために、▲7七銀や▲3八銀、▲4八銀といった手もありましたが、別に打たれても問題ないと判断していました。

取りあえず、△4八角成はさすがに困るので、▲3八銀と受けて、△7六角と一歩取られました。

後は、駒組みを進めていきまして、筋違い角には腰掛け銀ということで、腰掛け銀を目指してみました。

スポンサードリンク

相手は、△4二飛と四間飛車にされましたね。

筋違い角力戦

筋違い角にして、四間飛車や向かい飛車にするのは良くある手ですね。

ただ、銀で守っているので、今すぐどうこうはないかなと思っていました。

ということで、こちらはまだ駒組みを進めていきます。

相手は、左に囲うのかな? と思っていたんですが、右に囲われました。

筋違い角力戦

△4一飛と引いたこの局面で、▲8二角と打てば決まっていましたね。

全く見えていませんでした。

相手は桂馬も跳ねて、左の駒を動かしてきたので、また飛車が戻るのかな? と思っていました。

実際、そうなりまして、また居飛車に戻されましたね。

かなり柔軟な指し方で、面白いですね。

筋違い角力戦

こちらも、桂馬を跳ねて攻めの体勢を作っていきました。

▲4五歩から仕掛けていって、△同歩▲同桂は、5三桂成と銀取りがあるので、ちょっと指しにくいかなと思っていました。

その場合、△4二銀なら▲4四角で、5三から攻めれそうですし、△4四銀なら、▲1七角で銀が取れそうですね。

△3五歩なら▲2四歩で十字飛車が決まりそうですし。

ということで、▲4五歩は取れずに、△7四銀とされました。

▲4四歩と取り込んで、△同銀に▲6七金右と手を戻して、自陣を固めました。

筋違い角力戦

次は、▲3五歩と突き捨てて、△同歩に▲2五桂と使ってみました。

突き捨てた意味があるかどうかは難しい所ですね。

なんかあればいいかなと思った程度で、そこまで考えてはいませんでした。

△3四銀と上がられて、端攻めを考えていたので、▲1三桂成と桂馬を成り捨てていきました。

ただ、▲4四角で、▲5三角成と馬を作りにいったほうが良かったかもしれないですね。

このときは見えなくて、後からようやく見えました。

筋違い角力戦

角成ってから、▲4四歩と歩成っていこうと思ったんですが、△5二歩と打たれて、▲4二馬△4一歩で捕まっているのかなと思ってしまって、▲6三馬と角交換しました。

ただ、▲6四馬と引けるので、別に捕まっていなかったですね。

駒が密集していると、全部効いているような気がしてしまって、難しいですね。

この辺から、手がなくなってしまって、どうしようか悩んでいました。

時間もなくなってしまって、どうにか攻め手を考えられないかと自陣角を打つことに決めました。

筋違い角力戦

以前も、こうした攻め手が分からなくて時間切れしたことがあるんですが、検討したときに自陣角を推奨していたので、それが活きました。

△3七角と香取りで角を打ってきましたが、▲6三角成△同金▲7二銀と狙いの攻め手。

△2七角と飛車取りでさらに角を打ってきましたね。

ただ、▲4七飛が角の両取りになりますし、以前と飛車取りは残っているので、ここはハッキリ良くなりました。

飛車角を取って、▲6一飛と打って、ほぼ決まっているかなと思います。

筋違い角力戦

△3六馬と引いて、金にヒモをつけたんですが、▲3一角と打って、△3二玉ならまだ難しかったですが、△1二玉と逃げたので、▲1三歩△同金として、

▲6三飛成と金が取れて勝ちですね。

筋違い角力戦

これはもう受けがないですね。

▲2二金の一手詰ですし、2二金を受けても、▲3三龍と桂馬が取れますので。

両方を受ける手がないので、決まっています。

最後は、30秒ぐらいしかなくて焦っていたんですが、なんとか詰んで良かったです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*