順位戦C級2組 藤井聡太四段vs脇謙二八段の棋譜と結果!相掛かり棒銀


順位戦C級2組6回戦での藤井聡太四段と脇謙二八段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本譜は、相掛かりになりましたね。

ちょっと変則的ですが、棒銀ですね。

藤井四段vs脇八段

4七銀~3六銀~1五銀と繰り出すちょっと変わった棒銀ですね。

別にない手ではないので、自然といえば自然な感じです。

棒銀は、五段目に銀が出られれば成功ということで、ほぼ成功しているように見えますが、藤井四段は問題ないということで、△5二玉とあがりました。

▲3四銀と歩を取って、△8八角成▲同銀△2二銀とあがって、2三銀成を受けましたね。

藤井四段vs脇八段

▲5六角とさらに足したらどうするんでしょうか。

受ける手は、△1二角か△4一角、△2四角ですかね。1二角は角が全く使えなくなるので、4一か2四のどちらかなんでしょう。

脇八段は一歩取って満足ということで、▲4五銀と引きましたね。

こうなれば、穏やかな展開ですね。

駒組みが進んでいきました。

藤井四段vs脇八段

藤井四段は、5筋の位を取りましたね。

銀を引かせなくする狙いもあるでしょうか。

ただ、玉頭なので、反撃が怖そうではあります。

脇八段は、▲6七金右とあがって、矢倉を完成させました。

△3三銀に▲5六歩と反発していきましたね。

スポンサードリンク

△同歩▲同銀は脇八段の主張が通るので、△4四歩▲3六銀と引かせて、同銀と取らせないようにしてから、△5六歩と取りました。

▲同金なら、金は斜めに誘えの格言通りですし、守りの金を上ずらせることに成功するのは大きいですね。

ということで、▲5五歩と打って、拠点を作りにいきました。

ここで、藤井四段が手筋の歩打ち△3八歩。

藤井四段vs脇八段

振り飛車でよくある手ですね。

飛車の横に歩を打って、飛車の道を逸らしてから何かするといった感じで。

こういった手は見えると嬉しいですよね。

なかなか見にくい一手です。

それに相居飛車ですと、ほとんど出てこない筋ですしね。

飛車の道を逸らしてもそんなに何かあるわけではありませんので。

ただ、本譜に限っては、▲同飛に△4九角と打って、一気に攻めてしまおうということですね。

▲3九飛と引きましたが、△6七角成。

画像5

▲同玉は△5七金で詰むので、▲同金しかないですが、△8七飛成が入りますね。

▲8八歩と打って、あっさり△8四龍と引きました。

△7八金を決めたほうがいいかどうかは難しいですね。

△7八金~△8八金と歩を払うのは、重たくなりそうですね。

▲9六角で、結局引かされそうですし。

7八に打つぐらいなら、持ち駒にしておいたほうが役に立つでしょうか。

脇八段は、▲5六金と歩を払って、△7五歩と7筋から攻めていきました。

▲6七角と打って受けましたが、△6五歩と6筋も突いていきました。

そこで、▲2二歩△同金として、▲4五歩と突いていきました。

ただ、△6四銀と出られて、脇八段が投了となりました。

藤井四段vs脇八段

投了はまだ早すぎる気がしますが、藤井四段の陣がしっかりしていて、隙がないからですかね。

角1枚で手を作るのは難しそうですし。

飛車は隠居していて、使えそうにありませんし。

藤井四段からしてみたら、ゆっくり攻めていけば問題なさそうですしね。

それでも、続けて欲しかったです。

まだまだ分からない展開でしたし、今後どうなるかも見たかったので。

少し残念ですが、仕方ないですね。

これで、藤井四段が公式戦10連勝となりましたね。

すごすぎます。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*