名人戦七番勝負第3局 佐藤天彦名人vs豊島将之二冠の棋譜速報!角換わり腰掛け銀


第77期名人戦七番勝負第3局の佐藤天彦名人と豊島将之二冠が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は角換わり腰掛け銀になりました。

豊島二冠は△4四歩~△4一飛と回る変化にしました。

それに対して、▲4五歩と仕掛けにいって、△5二玉▲4四歩△同飛。

▲4五歩と位を取るのも自然ですが、佐藤名人は▲4七歩と低く受けました。

佐藤名人vs豊島二冠

ここだけ見ますと、豊島二冠だけ歩が切れて、ちょっと損した感じがしますが、どうなんでしょうか。

3一玉と囲えなくしたのは大きいということですかね。

△4一飛に▲8八玉と囲っていますので、先手は硬さを主張にするのでしょう。

歩突きの罠

佐藤名人vs豊島二冠

佐藤名人は▲3八金~▲4六歩と突いていきます。

△同飛と一見タダですが、▲4五桂と飛車を帰れなくして、銀取りと4七金の飛車を捕獲する手があります。

△3六飛と金に当てる手はありますが、▲4七銀△3五飛▲3三桂成でやはり捕まってしまいます。

歩を取る手は罠ということで、△8一飛と戻ります。

そこからは、手を作っていくのが難しい将棋になりました。

豊島二冠の積極的な手

佐藤名人vs豊島二冠

先手から動いていくのが難しそうでしたので、豊島二冠が望めば千日手も十分ありそうでしたが、△4四銀と打開しましたね。

佐藤名人は飛車先を切って、豊島二冠も飛車先を突き捨てていきます。

佐藤名人vs豊島二冠

そして、自陣角。

中央から押していこうという狙いですね。

ソフトは▲9五歩と端から反撃できると言っていますが、読みきれないと指せない手ですね。

佐藤名人は▲4五歩と突いて、△5五銀左▲同銀△同角に▲4四角と合わせていきます。

△同角▲同歩は自然と歩が伸びて攻めの拠点になりますので、大きいですね。

ただ、△4七歩の手筋もありますし、この瞬間が怖いです。

豊島二冠は△6五歩と突いて、玉の小瓶を攻めにいきました。

そこで▲5六銀と打って、△6六角▲7七銀△4四角▲同歩となりました。

佐藤名人vs豊島二冠

先手陣を荒らしてから角交換になって、後手としても悪くはないというところでしょうか。

ただ、銀が引けて先手陣もしっかりしましたので、この交換が得だったかどうかは難しいところですね。

直接角を打ち込む!

佐藤名人vs豊島二冠

▲4六角で佐藤名人が玉頭を狙っていって、△6四銀でしっかり埋めて、玉頭戦になりました。

そして、豊島二冠が△5五角と直接打ち込んでいきます。

スポンサードリンク

△2二角から4四の歩を払う手もありそうですが、それだと遅いということでしょうか。

佐藤名人としても取るしかなくて、角銀総交換になります。

手筋の歩打ちからの猛攻

佐藤名人vs豊島二冠

△8八歩はよく出てくる手筋ですが、いつ打つかが難しいですよね。

打たれたら打たれたで、どれで取るかも悩ましいところで、どれで取ってもあんまり味がよくありません。

形的には▲同玉と取りたいですが、△8五桂▲7六銀△6六角という筋が見えていますので、それをどうするかですね。

ソフトは△8五桂を手抜いて▲8四歩で勝負という感じですが、それも難しい展開です。

佐藤名人は▲同銀と取って、壁形になりましたので、△4七銀の手筋から仕掛けていきます。

△3八角に金を助けて、▲7四歩から攻め合いになりました。

どう攻めをつなげるか

佐藤名人vs豊島二冠

ここの局面を佐藤名人はツイッターで振り返っていました。

手がかりが角だけで、どうやって攻めをつなげるかでしたが、▲5二銀と引っ掛けて、なんとか持ち直したということですね。

なので、この辺りは苦しいと見ていたんでしょうね。

ここから、角は取られますが、と金ができて、成銀と2枚で迫れましたので、先手としても楽しみが出てきたところでしょうか。

終盤の詰むや詰まざるや

佐藤名人vs豊島二冠

ここも佐藤名人はツイッターで振り返っていましたが、詰むや詰まざるやで難しいところでしたね。

ここは佐藤名人も豊島二冠も時間がなくて、正確には読みきれなかったということでしょうね。

▲8五桂に△4八飛成が必至となり、後手玉は詰みませんので、豊島二冠の勝ちとなりました。

ただ、▲3四角成としていれば難しかったと振り返られていますね。

それなら△4八飛成が▲同銀で詰みませんので、先手としても十分指せる展開になります。

投了図以下

佐藤名人vs豊島二冠

ここで、佐藤名人の投了となりました。

▲4八銀は△6八銀成から頭金で詰みますし、何もしなければ、△7八金▲同金△同龍で詰みで、受けはありません。

なので、後手玉を詰ますしかありませんが、▲6三馬としても△9二玉で▲7四馬△8一玉となってしまい、王手の千日手は王手する側の負けとなりますので、迫る手がありません。

最後の最後までどちらが勝つか分からない将棋で、名人戦らしい頂上同士の面白い将棋でした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*