【第76期名人戦第6局】佐藤天彦名人vs羽生善治竜王の棋譜と結果!居飛車力戦


第76期名人戦七番勝負第6局の佐藤天彦名人と羽生善治竜王が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

羽生竜王が初手から△6二銀として、力戦になりましたね。

佐藤名人vs羽生竜王

手順は違いますが、叡王戦での藤井四段(当時)と深浦九段の対局に合流しましたね。

叡王戦本戦 藤井聡太四段vs深浦康市九段の棋譜

深浦九段は△2四歩と突いて、飛車を戻らせないようにしましたが、羽生竜王は△5四歩と突いて、▲6五歩に△5三銀と戻れるようにしました。

ただ飛車は戻れるので、▲2五飛。

佐藤名人vs羽生竜王

駒組みが続いて、羽生竜王は銀冠に、佐藤名人は雁木になりました。

ここまで普通の相掛かりとそれほど変わらないですね。

硬さ的には羽生竜王のほうが勝っているので、さばければ羽生竜王のほうが有利ですね。

とは言え相居飛車でさばくのは難しいですし、一局の将棋です。

ソフトは佐藤名人持ちで、400点ぐらい良いとのことでした。

ソフトはバランスの取れている形を好みますので、佐藤名人の陣形のほうが好きそうですよね。

その後、▲4五歩と佐藤名人は仕掛けていき、△同歩▲8八角と戻ります。

▲4六歩と合わせて、△同歩なら▲同角で飛車をにらむ手もあったようです。

佐藤名人vs羽生竜王

お互い攻め手を作りあって、羽生竜王の棒銀に対して、▲8四歩と受けます。

スポンサードリンク

△同飛は▲6六角△8二飛▲7七桂といった展開になります。

羽生竜王は△7三桂と跳ねて、攻め手を作っていきます。

佐藤名人vs羽生竜王

中田功七段と藤井猛九段は▲6二歩といった手を読んでいました。

振り飛車党らしい一手ですね。

△同飛は脅威がなくなるので、▲8三歩成を間に合わせていけば十分です。

かと言って、たんに歩成りもイヤですし、▲3六歩△同歩▲3四歩△同銀▲2四飛から飛車を切って無理やり攻め込まれるのもイヤです。

これはこれで面白い将棋だったと思いますが、佐藤名人は▲2二歩としました。

△同金は形が悪いですし、△同玉は角と飛車と両方の利きに入っていて、かなり怖いです。

佐藤名人vs羽生竜王

お互い攻めあって、佐藤名人は端から手を作りにいきます。

△同歩は、▲1三歩や▲1四歩でしょうか。▲同香は△1四歩~△1三歩で香が取られてしまいます。

△7八歩成▲1四歩と取り込ませて、△1七歩と受けるのかなと思っていましたが、△7七と、と激しくいきました。

ただ、歩成り~▲2三銀が心配でしたが、そのまま進んでしまいましたね。

佐藤名人vs羽生竜王

ここで、△同玉はあったようです。

▲2三銀は王手じゃないですし、▲2四歩は打ち歩詰めなので、詰めろでもないですね。

そこから、△2八歩▲1九飛△1七香で羽生竜王が指せるようです。

なので、△同玉には▲2三歩成△同金▲1四歩△同金▲2一飛成といった展開になります。

かなり怖いですが受かっているようで、羽生竜王が270点ぐらい良いようです。

これで良いというのは、人間感覚ですとかなり難しそうですが、羽生竜王や佐藤名人はどう考えるのかというのは気になります。

本局は▲1三香成に△同香として、▲2三銀が入ってからは持たなかったですね。

佐藤名人vs羽生竜王

ここで羽生竜王の投了となりました。

以下、△5四玉▲6四金△5五玉▲5六歩△6四玉▲6一龍△7四玉▲6三龍△8五玉▲7七桂打△同銀成▲同桂△9六玉▲9七金△9五玉▲9六金までとなります。

これで、佐藤名人の名人防衛となりました。

名人戦らしい、すごい将棋でしたね。

間違いなく最強同士による最高峰の将棋だと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*