【竜王戦挑戦者決定第2局】広瀬章人八段vs深浦康市九段の棋譜と結果!


第31期竜王戦挑戦者決定三番勝負 第2局の広瀬章人八段と深浦康市九段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

広瀬八段が雁木にしましたね。

広瀬八段vs深浦九段

深浦九段は面白い構想で、△5五角と出て、角の転換を図ります。

飛車をにらむので、攻め手に制限をかけることができます。

広瀬八段は▲4八金と駒組みを進めていきます。

その後、飛車先交換して、▲5六歩から角を引かせます。

広瀬八段vs深浦九段

広瀬八段は▲5八玉とまっすぐ上がって、中住まいのようにしましたね。

雁木の場合、6九玉と寄るのが多いですが、4八金型ですので、6九よりも5八のほうが硬いということでしょうか。

場合によっては、右玉も含みに入れていそうですね。

深浦九段も△4三金、△3三銀と金銀を全部くっつけて、ガッチガチに固めていきます。

広瀬八段vs深浦九段

広瀬八段は▲2五飛と浮いて、▲8五飛とぶつける手を狙っていきます。

飛車交換する場合は、△3一玉~△2二玉まで入っておきたいですね。

その2手が十分間に合いそうですので、飛車交換する手もあったと思います。

深浦九段は△5五歩と飛車交換を避けます。

▲同歩△2四銀▲2九飛△5五角と歩を取り返します。

広瀬八段は▲6九玉~▲5九飛と真ん中から攻めていきます。

広瀬八段vs深浦九段

広瀬八段は桂馬も跳ねて中央突破狙いですね。

△2八角成もみえますが、▲6五桂とさらに中央に足されて、苦しそうです。

深浦九段は△8六歩▲同歩を入れて、△4四歩と催促。

ただ、▲6五桂が先手で入ります。

さらに、▲4六角も入れてから、▲5三桂右成から一気に攻めていきます。

スポンサードリンク

広瀬八段vs深浦九段

これは苦しそうに見えますが、ソフトは深浦九段持ちのようです。深浦九段が+200点ぐらいとのことでした。

△5三歩打って、▲7三銀。

歩ですと、▲8四飛が角桂取りで決まってしまいます。

なので、銀で受けるしかないですね。

▲同角成△同桂▲同飛成はさすがにやりすぎですね。

▲4四飛△4三歩▲4五飛と引きます。

次に▲8五飛がありますので、△8二飛と受けつつ、飛車を働かせます。

▲8三歩と叩いてから、▲8七歩として、角交換。

▲7二角から馬を作って、△5五桂から銀を取ります。

広瀬八段vs深浦九段

深浦九段が飛車を成り込むことに成功します。

こうなると、深浦九段のほうがいいですね。

▲6八金打としっかり受けて、△8九龍と入っていきます。

▲5八玉とあがって、△3九角。

次に△4九角と打って、▲同金なら△同龍▲同玉△4八金で詰みとなります。

広瀬八段vs深浦九段

△5七歩▲同金寄とさせて、△7七歩。

▲同金なら△4八角成▲同玉△6九龍ですね。

なので、▲6七銀と打って受けます。

その後、広瀬八段はガチガチに固めてから、反撃に出ます。

広瀬八段vs深浦九段

龍を追いやって安全にしてから、攻めていきます。

金取りと▲4一角打の狙いですね。

△5三金打としました。

▲4一角打~▲4五桂として、金を取ります。

そこから、深浦九段の怒涛の攻めで迫っていきます。

広瀬八段vs深浦九段

広瀬八段の玉が一気に狭くなりました。

▲4六香と打って、△同金▲5五金と角を働かせなくします。

△同角▲同馬△4四香。

▲9一龍と香を広いつつ、金取りにあてました。

△3二金打と受けました。

広瀬八段vs深浦九段

深浦九段は龍を使って、なんとか攻めていきますが、広瀬八段は龍と馬をひきつけます。

さらに、▲7五馬△同龍▲同龍と馬と龍の交換。

△4二銀と先手を取りつつ金取りを受けますが、▲5二飛と打って精算して、詰みとなりました。

広瀬八段vs深浦九段

以下、△同玉▲2二銀△2三玉▲3三金打△同桂▲同金△1二玉▲1三銀打までとなります。

何度も受けと攻めが交代するすごい将棋で、白熱していました。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*