深浦康市九段vs藤井聡太七段の棋譜速報【王座戦挑戦者決定トーナメント】


第66期王座戦挑戦者決定トーナメントの深浦康市九段と藤井聡太七段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

深浦九段は雁木にしましたね。

藤井七段も同様に雁木模様にして、右玉にしました。

藤井七段vs深浦九段

▲9八香を浮いて、玉が動いて、▲9九飛と回って、地下鉄飛車にする狙いですね。

右玉には地下鉄飛車がいいということで、理にかなった作戦です。

藤井七段は△6一玉と早逃げ。

右玉らしい柔軟な指し回し。

ただ、飛車の横利きがなくなったということで、▲2四歩△同歩▲2二歩△3三桂▲2一歩成と、と金が作れます。

香が逃げれば、▲2二と、と追っていけば十分ですね。

ということで、△9五歩から反撃。

▲同歩なら△6五歩▲同歩△9七歩が入ります。角の利きが通ったので、取れば馬が作れます。

スポンサードリンク

藤井七段vs深浦九段

藤井七段はと金を作って攻めて、深浦九段は角を使って攻めていきます。

藤井七段が先に攻めて、ここで△5一角と引いて受けます。

枚数的には勝っているので、▲7三桂成から攻めれますが、△同金▲同香成△8三歩と打って、▲6三成香△同玉▲5一角成△同飛と全部精算して、攻め手がなくなります。

ということで、▲6六銀と我慢。

△9八香成に▲7三桂成と攻めました。

今度は銀が上がっているので、先ほどの変化ですと△8三歩のときに▲6二歩があります。

6七銀のままですと、角を取れば△7七角▲6九玉△7九金で詰んでしまいますが、銀があがったので、△7七角が消えました。

藤井七段vs深浦九段

深浦九段はまた角を打っていきます。

△6一飛と避けるのもありますが、△8二歩としましたね。

飛車を取られても、打つとこがないので、問題ないという判断ですね。

深浦九段も取らずに▲7三金と足していきます。

△同香▲同成香に△6一飛もありましたが、たんに△6一飛と避けました。

藤井七段vs深浦九段

馬も切っていきます。

△同香に▲7二銀の王手飛車狙いですが、藤井七段は問題ない判断して、その変化に踏み込みました。

おそらく、この時点ですでに詰みが見えていたのではないかと思います。

藤井七段vs深浦九段

ここで、深浦九段の投了となりました。

以下、▲同玉△7七銀▲5七玉△6六角▲5八玉△5七金▲4九玉△4八金までとなります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*