竜王戦第6局 広瀬章人八段と羽生善治竜王の棋譜速報!横歩取り青野流


第31期竜王戦七番勝負 第6局の広瀬章人八段と羽生善治竜王が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は今期竜王戦初の横歩取りですね。

横歩取りは青野流や勇気流(佐々木流)など先手は色んな攻め方がありますが、広瀬八段は青野流にしましたね。

最近は、勇気流より青野流のほうが攻めやすいということで、青野流が増えてきていますね。

また、対策が見つかったら勇気流も見直されるようになると思いますし、流行りだと思います。

羽生竜王はどういった対策を練ってきたのか、楽しみな一局でしたね。

飛車交換から先後同形へ

羽生竜王vs広瀬八段

羽生竜王は飛車を引いてぶつけていきましたね。

これは▲同飛の一手ですね。

▲3五飛は△2四飛と回られて歩を打たさせるので、やや不満です。

それよりも、飛車交換に応じてしまって、先後同形の形になりますので、先手取って指せるほうが得な気がします。

ただ手が広い局面で、手を作りにいくのか、自陣の隙をなくすのかどちらもあるところですが、広瀬八段は▲3七桂と跳ねていきました。

青野流らしく、桂馬を使って攻めていこうという狙いですね。

△2九飛が気になるところですが、▲4五桂と跳ねて△7七角成▲同桂で桂馬が2枚使えてきますので、十分手が作れそうです。

スポンサードリンク

ということで、羽生竜王は△7七角成と角交換していきました。

天使の跳躍

羽生竜王vs広瀬八段

桂馬が2枚中央に跳ねることを天使の跳躍と呼んだりもしますね。

かなり迫力のある攻めですが、どうするかですね。

△同角と取ってしまう手もあったようです。

▲同飛△7六桂▲同金△8七歩成▲1一角成△3三桂といった変化です。

桂馬が飛車に当たるので、▲同馬△同金が自然でしょうか。

後手の桂香損になりますが、と金がありますし、香はすぐに取り返せそうですので、後手も十分指せそうな気がします。

羽生竜王は手堅く△4二銀ですね。

こちらも攻められる中央を厚くする自然な一手で互角です。

桂馬2枚跳ねて銀を取って、▲7八銀打と飛車を取りにいきます。

2枚飛車vs2枚角

羽生竜王vs広瀬八段

広瀬八段が2枚飛車で、羽生竜王が2枚角でどちらがいいかですね。

ここで△1九角成としましたが、桂馬を取られてから▲1八歩で馬が使えなくなってしまったのが辛かったでしょうか。

△4五桂とヒモをつける手をソフトは推奨していました。

▲2一飛成は△5七桂成▲同玉△6五桂で角道が通って、王手龍になります。

成桂が取れなければ、▲3一歩の金底の歩で良さそうです。

最後の勝負手

羽生竜王vs広瀬八段

馬が全く使えなくされてしまいましたが、△3七桂と無理に使いにいきます。

▲同歩なら△4七馬▲5九玉△6九馬▲4八玉△4七角成までの詰みとなります。

当然取ってもらえずに▲6五銀と桂馬を外されて、金は取れますが寄らないですね。

投了図以下

羽生竜王vs広瀬八段

▲3二金で羽生竜王の投了となりました。

以下、△5二玉▲4一銀△5一玉▲5三香不成△5二金打▲4二金打までとなります。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*