魂の七番勝負第7局 近藤誠也五段vs木村一基九段の棋譜と結果!横歩取り


魂の七番勝負第7局、近藤誠也五段と木村一基九段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本譜は横歩取りになりましたね。

最近流行りの佐々木流や青野流ではなく、以前からある横歩取りですね。

近藤五段vs木村九段

8四飛型の場合、△2三銀~△2四飛と飛車をぶつけるのも有力です。

ただ、木村九段は△1四歩と端から手を作りにいきました。

2歩あるので、端から手を作っていくのも自然ですね。

そこから角交換になって、近藤五段が反発していきました。

近藤五段vs木村九段

△同歩なら▲1二歩△同香▲2一角の両取りでしょうか。

木村九段は取らずに、△7三桂と跳ねて桂馬を活用していきました。

▲1五歩と取らせて、△7五歩と桂頭を狙いつつ、飛車の横利きを通しました。

近藤五段は▲6六角と受けました。

△7六歩は飛車が取れますし、今すぐはできないと思いますが、▲3三角成△同銀▲2一飛成みたいな手もありますね。

なので、△2三歩としっかり打ちましたね。

△2五歩と上から押さえる手もあったと思いますが、木村九段は2三からでした。

▲1四歩と伸ばして、△1五歩。

▲同香なら△1四香▲同香△同飛ですね。

▲7五角と歩をはらって、△1四飛とまわりました。

近藤五段は▲5六飛とまわって玉頭を狙っていきました。

近藤五段vs木村九段

△5四飛とぶつけて、▲同飛△同歩としました。

玉頭が空いて、角道が通ってくるので怖いと思うんですが、飛車さえさばいてしまえばなんとかなるという感じなんでしょうか。

スポンサードリンク

▲5三飛から龍を作っても、△8九飛から桂馬か香か取られるので、すぐに飛車は打てないですね

ということで、▲3六歩と桂頭を狙っていったんでしょうか。

ただ、△9五歩▲同歩△9八歩と端から手を作られにこられて、▲同香ですと、△9九飛から桂か香のどちらかが取れます。

なので、▲1二歩と近藤五段も端から手をかけて、△同香▲1三歩△同香▲1四歩△同香▲1三歩と垂らしました。

近藤五段vs木村九段

手筋ですね。

こういった筋は覚えておくと、なにかと役に立ちますよね。

△同銀に▲1一飛とおろして、△2二角と打たせることができました。

▲2一飛成△3一歩と金底の歩ですね。

角も効いてて、メチャクチャ固いですね。

ここで、▲3五歩と伸ばして、狙いの桂頭攻め。

△9九歩成に▲3七桂と桂馬を跳ねさせないようにしましたね。

3四歩の前に手を作らないといけないので、木村九段は忙しいですね。

△9八飛と金取りで飛車をおろして、▲7九金に△6四香と角道を止めつつ6筋から攻める狙いでしょうか。

▲3四歩に△2五桂と逃げて、角道を通しました。

近藤五段vs木村九段

▲同桂は△7七角成が入るので、▲4九玉と逃げましたね。

ただ、ここで桂馬が取れないとなると、歩を突いたのがお手伝いになりかねませんし、苦しい気がします。

△3七桂成▲同金に△8九とと寄っていきました。

近藤五段から攻めがないので、と金が間に合ってきてしまうんですね。

近藤五段も無理に攻めにいきましたが、と金の遅速で、ほぼ寄りました。

近藤五段vs木村九段

▲3八玉と逃げるぐらいですが、△5九角成から一手一手ですね。

魂の七番勝負は、最後に木村九段が勝って、トップ棋士の1勝、若手の6勝という結果になりました。

こうしてみると、もう世代交代が始まっているのでしょうか。

何と言っても、ソフトの存在が大きいですよね。

トップ棋士でも取り入れる棋士も増えていますが、若手のほうが柔軟ですし、受け入れやすいような気がします。

それが世代交代の速さにつながっているのではないでしょうか。

もちろん、これで世代交代が決まったわけではありませんし、トップ棋士も対策を練ると思いますので、今後どうなっていくのか、注目ですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*