折田翔吾アマ(アゲアゲ)vs豊川孝弘七段 銀河戦本戦Aブロック6回戦


銀河戦本戦Aブロック6回戦の将棋実況者のアゲアゲさんこと折田翔吾アマと豊川孝弘七段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は横歩取りになりましたね。

豊川七段は△3三桂と跳ねる3三桂戦法にしました。

3三角のほうが多いですが、3三桂も有力ですね。

そこからは横歩取りらしい飛車が回り合って、相振り飛車模様になりました。

金無双vs中住まい

アゲアゲvs豊川七段

豊川七段は金をくっつけて、金無双を完成させました。

▲3三角成も見えますが、△8九飛成が入ります。

馬より龍のほうが強いことが多いですので、後手のほうが得だと思います。

ということで、▲8五歩と叩いていきました。

△同飛なら▲8六歩で飛車道が止まりますので、3三角成が入ります。

なので、△3四飛と桂馬を守りました。

スポンサードリンク

4五桂が軽すぎたか

アゲアゲvs豊川七段

△4五桂から動いていきましたが、少し軽すぎたでしょうか。

▲4八銀と引かれて、4六歩で桂馬が取られてしまいますので、動いていくしかないですね。

△5七桂成▲同銀△4五銀にアゲアゲさんは▲6六飛と金無双の弱点である玉の小びん、通称ウサギの耳に狙いをつけました。

飛車が取れないと苦しいか

アゲアゲvs豊川七段

この辺りで飛車が取れないと、2二角と戻ったのがぼやけてしまうような気がしますが、どうだったのでしょうか。豊川七段は5三歩と我慢しました。

ただ、▲6三歩△同金▲7五桂と金を狙われます。

引けばまた歩を打たれますので、△5四金と上がりましたが、▲6二歩と垂らし。

次に6一銀の狙いですね。

△同金と取って▲6三歩が再び入ります。

厳しい飛車周り

アゲアゲvs豊川七段

▲5六飛がものすごい良い手で、△8八角成が見えますが▲5四飛が詰めろになります。

以下、△同飛ですと、▲6二金△同金▲同歩成△同玉▲6三銀から頭金までとなります。

角は取れないということで、△5五銀と打ちましたが、▲同角△同角▲同飛△同金で▲6一角から詰みとなりました。

投了図以下

アゲアゲvs豊川七段

以下、△同玉▲6二銀△同金▲同歩成△同玉▲6三銀から頭金までですね。

これで、アゲアゲさんが決勝トーナメント進出が決定しました。

すごいですね。

まだまだアゲアゲさんとプロとの将棋が見れるので、楽しみですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*