順位戦A級プレーオフ 豊島将之八段vs羽生善治二冠の棋譜と結果!横歩取り


第76期順位戦A級プレーオフの豊島将之八段と羽生善治二冠が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

横歩取りになりましたね。

青野流や佐々木流ではなく、▲3六飛と引く形で、羽生二冠は△8四飛としました。

その後、羽生二冠は中住まいにして、豊島八段は中原囲いにしました。

豊島八段から攻めていき、端から手を作りにいきました。

豊島八段vs羽生二冠

△同香は▲3三角成△同桂▲2一角が決まります。

ということで、△2五歩と叩きました。

▲同飛は△1二香と取って、▲3三角成△同桂が飛車にあたってきます。

ということで、▲3六飛と寄って、△1二香▲1七桂と跳ねていきました。

次に▲2五桂が角にあたってきて、角が退けば金が取れるので、△4二玉とヒモをつけました。

そこで、角交換して▲2一角。

角には角ということで、△4五角。

豊島八段vs羽生二冠

飛車が逃げたり、▲2五桂と跳ねたり、手が広いですが、豊島八段は▲4六歩と催促。

スポンサードリンク

飛車を取らせて、羽生二冠は△8八歩。

▲同金でも▲同銀でも壁の形になるので、玉の逃げ場がなくなります。

豊島八段は▲同金として、少しでも玉の逃げ場が広くなるようにしました。

そこで、△3七歩と垂らして、▲5六角と攻防の角。

豊島八段vs羽生二冠

この角はかなり効いていますね。

△2六歩と突いていって、▲2四歩と垂らします。

△3八歩成▲同角△2七歩成としました。

▲同角は角の働きが悪くなりますし、飛車を先手でおろせるのも大きいです。なので、▲5六角と逃げて、△1三香と逃げました。

▲3五歩と桂頭を狙っていき、△3七歩と垂らして、羽生二冠はと金を作りにいきます。

豊島八段は桂馬を取りにいって、攻め合い。

豊島八段vs羽生二冠

桂馬を打ちましたが、△4八とと迫っていき、▲2三角成と角で行って、▲4三角成△5一玉▲4二金までの詰めろ。

△同銀も▲4三角成△3一玉▲2三桂不成△2二玉▲3三金△1二玉▲2一銀までで詰みます。

なので、△5一玉と逃げて、▲4三角成△5二銀▲2四馬と迫っていきますが、△6一玉と逃げられて、玉が広いので馬2枚では捕まえるのが難しいですね。

豊島八段vs羽生二冠

馬が近くて怖い形ではありますが、金銀では詰まないので、△5九とと取りました。

▲同玉は△2八飛としばれば、ほぼ受けが効かない状況になります。

なので、▲6二銀と迫っていきますが、△8一玉▲7三銀不成△同銀で豊島八段の投了となりました。

横歩取りは技の掛け合いが楽しいですよね。

豊島八段が端から手を作りにいって、羽生二冠は豊島八段の手に乗って反撃し、羽生二冠が攻める展開に変わりました。

見応えある面白い将棋で、楽しかったです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*