角換わり棒銀対策に4五桂急戦!攻め合いで主導権を握る


角換わり棒銀は、あまりプロ間では指されなくなり、早繰り銀か腰掛け銀のみになっていますよね。

その分、あまり研究が進まなくて、棒銀にされると困るというのもあるのではないでしょうか。

棒銀に対して、腰掛け銀で受けたり、棒銀に有利とされている早繰り銀にするのもありますが、どちらも難しいです。

そこで今回は、棒銀に対して、4五桂急戦で先に攻めて主導権を握る指し方を紹介したいと思います。

4五桂急戦でも難しいは難しいですが、先に攻める展開になりますし、受けるほうが難しいので、攻めるのが好きであれば、指しやすいと思います。

スポンサードリンク

角換わり棒銀対策の4五桂急戦

角換わり棒銀対策の4五桂急戦

先に攻めたいので、7八金は保留して、早めに3七桂の形を作ります。

▲8三銀と棒銀にしたのに対して、△4六桂と桂馬を跳ぶ準備をします。

それでも、△8四銀と棒銀でくるのであれば、▲4五桂から攻めていきます。

角換わり棒銀対策の4五桂急戦

2二銀、4二銀、4四銀と3箇所逃げられますが、2二銀は5三桂成が入りますので、4二銀か4四銀のどちらかになりますね。

両方とも見ていきたいと思います。

△4二銀の変化

▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲3四飛が金取りの先手になります。

角換わり棒銀対策の4五桂急戦

△3三桂ぐらいしか受ける手がないですが、▲6六角△4四角▲同飛△同歩▲同角と一気に攻めていきます。

角換わり棒銀対策の4五桂急戦

△4五桂は▲1一角成で、△4三金なら▲6六角と一度引きます。

△2九飛と打たれても、▲3三桂成△同金▲4五桂と攻め込んでいけば、勝ちになります。

△4四銀の変化

角換わり棒銀対策の4五桂急戦

次に▲4五桂に△4四銀の変化を見ていきます。

▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲3四飛までは同じです。

角換わり棒銀対策の4五桂急戦

スポンサードリンク

今度は金取りではありませんので、後手の手も広いです。

△9五銀と攻めてくるのであれば、▲7五角が8六の地点を受けつつ5三桂成を狙って、攻防手になります。

△9五銀に代えて受けるのも難しくて、△2五角で飛車は捕まる形ですが、▲4四飛△同歩▲5三桂成で4五桂急戦の成功形です。

なので、すぐに△8四銀は▲4五桂のほうが速いですし、作戦勝ちになりやすいです。

一手溜める場合は棒銀をけん制

角換わり棒銀対策の4五桂急戦

▲4六歩に4五桂急戦を警戒して、△4二玉と一手溜めるのも考えられますね。

▲9六歩とこちらも棒銀をけん制して、それでも△8四銀とくるのであれば、▲3五歩△同歩▲4五桂と跳ねていきます。

角換わり棒銀対策の4五桂急戦

3筋を突き捨てることで、△2二銀と引かせにくくする意味があります。

△2二銀には▲2四歩△同歩▲6六角と打ちます。

△4四角と合わせるのであれば、▲同角△同歩▲2四飛と走ります。

角換わり棒銀対策の4五桂急戦

4四歩を突かせてしまうので、△4五歩と桂馬は取られてしまいますが、▲6六角が8四飛と2二角成を狙って、銀桂交換にできます。

△4四銀の変化

角換わり棒銀対策の4五桂急戦

▲4五桂には△4四銀と上がるしかありません。

これなら、桂馬を取られる心配がありませんので、▲2四歩△同歩▲同飛△2三歩▲2九飛と一歩交換します。

△9四歩と端棒銀を狙ってくるのであれば、▲6八玉と上がっておいて、△9五歩▲同歩△同銀▲同香△同香に▲3四銀で勝ちになります。

角換わり棒銀対策の4五桂急戦

3四銀からの反撃が厳しいので、後手からすると、銀を渡しにくいです。

そうなると、棒銀で攻めるのが難しいですよね。

これで、棒銀をけん制できますので、主導権を握れて、指しやすいと思います。

角換わり棒銀の受け方が分からずに困っている場合は、4五桂急戦を試してみるのはどうでしょうか。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*