竜王戦決勝トーナメント 豊島将之名人vs渡辺明三冠の棋譜速報!角換わり腰掛け銀


第32期竜王戦決勝トーナメントの豊島将之名人と渡辺明三冠が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は角換わり腰掛け銀になって、渡辺三冠は△7二金~△6二金と一手損する形に誘導しました。

この形は、藤井七段が先後どちらを持っても勝利してから、減ってきましたが、渡辺三冠があえて誘導したので、何か手があるということですし、楽しみでした。

渡辺三冠の研究手

豊島名人vs渡辺三冠

▲4五桂に△4四銀とあがることが多いですが、△2二銀と引く手が研究手ということでしょう。

ソフトはここで、▲5五角という大技を読んでいました。

△同銀▲同銀となれば、次に6三銀の狙いと6四銀と出る手がありますね。

また、5五に銀が出ることで、桂頭も守れますので、4四歩と突かれる心配もなくなります。

ただ、角銀交換の駒損ですので、かなり怖いですが。

後は▲7五歩△同歩▲5三桂成△同玉▲7四歩もあるでしょうか。

歩損にはなりますが、玉を引っ張り上げて、戦場に引っ張り出せますので、どうかですね。

豊島名人は▲3五歩と突いて、△同歩なら▲2四歩△同歩▲同飛に、△2三歩を受けてしまうと、▲5三桂成△同金▲5四飛△同金▲6三角という大技が決まります。

なので、△2四同飛のときに何かしたいですね。

ソフトは▲4四角を読んでいました。

スポンサードリンク

渡辺三冠は△4四歩と桂馬を取りにいって、▲5三桂成△同玉▲3四歩という展開になりました。

急所の玉の小瓶攻め

豊島名人vs渡辺三冠

渡辺三冠の中段玉に対して、豊島名人は▲4五歩と玉の小瓶を狙っていきます。

やはりこの小瓶が弱点ということですね。

△同歩でも▲5五銀と出ていったり、▲1七角や▲2六角もありますね。

戦いの中で硬くする

豊島名人vs渡辺三冠

▲4四歩を取り込んでから、▲5八金を寄って、玉を硬くします。一気に攻めにいきたいところですが、ここで一呼吸置くところがプロですね。

3八角で馬は作れますが、馬を作っても、継続手がないですね。

むしろ手持ちの角のほうが使い勝手が良さそうです。

ということで、渡辺三冠も△5二玉と引いて、当たりを弱めます。

ただ、かえって早めてしまったと渡辺三冠のブログで振り返っていました。

▲58金で手を渡されてみると後手の方針と指し手が難しい局面でした。玉が不安定なので△52玉▲49飛△53金右と受けましたが▲72歩でかえって早くなった感もあります。

出典 渡辺明ブログ

飛車切りから猛攻

豊島名人vs渡辺三冠

豊島名人は飛車を切って、▲4三金と打ち込んでいきました。

△同金▲同歩成△同玉は▲6二角で飛車を狙われながら縛られてしまいます。

なので、△6二玉と逃げて、▲4二金と金が取られます。

飛車・角で先手玉に迫れればいいですが、迫る手が難しいです。

後は、▲8三金としばって、豊島名人の勝ちとなりました。

投了図以下

豊島名人vs渡辺三冠

▲8六玉で、渡辺三冠の投了となりました

後、1枚何かあれば詰みですが、その一枚がないですね。

△5八角成とすると、▲7四桂△6一玉▲5二角△同銀▲同金までとなります。

△7四同銀でも▲5二金△6三玉▲5三とまでです。

受ける手もありませんので、投了やむなしですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*