王座戦一次予選 豊川孝弘七段vs藤井聡太四段の中継と日程情報


第66期王座戦一次予選にて、豊川孝弘七段と藤井聡太四段の対局が行われます。

将棋解説のときに、ダジャレで有名な豊川七段ですね。

棋王戦予選のときにも一度対局が行われていて、そのときは、角換わりになりました。

藤井四段が4五桂急戦で仕掛けていって、そのまま攻め切りました。

今度は、豊川七段が勝つか、それとも藤井四段が豊川七段相手に2連勝するかという所ですね。

ちなみに王座戦一次予選は、準決勝です。

勝った方が決勝で、村田智弘六段か大橋貴洸四段の勝った方との対局になります。

スポンサードリンク

日程

藤井四段と豊川七段の対局は、2017年12月28日(木)10時から行われます。

持ち時間は、各5時間の1日制です。

中継

中継は、ニコニコ生放送とAbemaTVにて行われます。

・ニコニコ生放送

解説は遠山雄亮五段で、聞き手は飯野愛女流1級です。

スポンサードリンク

・AbemaTV

AbemaTVはこちら

AbemaTVでの解説と聞き手は未定でした。

読む時間によっては、決まっているかもしれませんので、ご確認のほどよろしくお願いします。

戦型予想

豊川七段も藤井四段も居飛車党なので、相居飛車の将棋になると思います。

豊川七段は特に角換わりや矢倉が多い印象です。

一度角換わりで藤井四段に敗れていますし、今度は矢倉でしょうか。

矢倉の場合、藤井四段も矢倉にして相矢倉にするのか、それとも急戦で攻めるのかが分からないのが怖い所ですよね。

どちらも指しますし、指しこなしていますので。

変化を少なくするためには、角換わりのほうがいいかもしれませんが、角換わりは角換わりで強いので、難しいんですよね。

もしかしたら、深浦九段のように力戦に持っていって、経験で勝負する手もあると思いますが、豊川七段がどう考えるかですね。

予想としましては、一度角換わりになっていますし、矢倉になるんじゃないかと思います。

どんな対局になるんでしょうか。

楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*