王座戦挑決トーナメント 渡辺明二冠vs久保利明九段の棋譜速報!


第67期王座戦挑戦者決定トーナメントの渡辺明二冠と久保利明九段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は久保九段が角交換四間飛車模様から角交換はせずに△3五歩と伸ばして、4→3戦法を見せていきました。

ただ、▲6六歩と角道を止められて、4→3戦法は防がれてしまいます。

久保九段vs渡辺二冠

ここで、△3三角とあがれば、穏やかでしょうか。

次に△3二飛から石田流を目指していく形になりそうです。

ただ、久保九段は△4四歩と突きました。

飛車先を切らして、逆に抑え込んでいきます。

歩を打たせて満足

久保九段vs渡辺二冠

久保九段は金をあげていって、△2三飛とまわって、▲2七歩と打たせることに成功します。

▲2六歩~▲2四歩まで突いた歩を2七に打たせられて、居飛車としてはイヤですが、打たないと と金を作られて、より悪化してしまいますので、仕方ないですね。

ただ、玉頭から攻める楽しみがありますので、それでどうかですね。

銀挟みに構わず踏み込む

久保九段vs渡辺二冠

渡辺二冠は玉頭に厚みを築いて、上から押しつぶしにいきます。

久保九段は△7四歩と銀を追い返そうとしますが、渡辺二冠は構わず▲同銀と取ってしまいます。

△7三歩で銀挟みになってしまいますが、▲8三銀不成△同銀▲8四歩△7二銀と銀を取られる代わりに、玉頭に拠点を作ることに成功します。

スポンサードリンク

銀損でも、これで十分手になっているという判断ですね。

5筋vs3筋の戦いに

久保九段vs渡辺二冠

渡辺二冠は5筋から攻めて、久保九段は3筋から反撃に出ます。

と金を作りあって、△5四歩と一度受けます。

飛車が逃げてくれればと金を払って、と金を活用して飛車も成り込めるようになりますので、十分楽しみが出てきます。

ただ逃げてくれずに▲5二と。銀を取られてしまいます。

飛車を取ると▲6一と△同銀▲8三銀でほぼ寄り形になってしまいます。

なので、△同金と取るしかないですね。

そこでも飛車は引いてくれずに▲5三歩。

久保九段vs渡辺二冠

ここも飛車を取ると▲5二歩成で、▲6二とも▲8三銀も残っていて、受からなくなってしまいます。

飛車を取って一気に攻め込めればいいですが、玉形がしっかりしていて、すぐには攻められませんので、△6二金と避けます。

さらに、▲8三銀から玉を引っ張り上げて、▲7一銀。

これが詰めろ金取りになっていて、△8二歩と受けるしかなく、▲5九飛とここで引かれます。

飛車が逃げつつ8九飛も見て、厳しい一手ですね。

2枚替えでも飛車を取りにいく

久保九段vs渡辺二冠

△8六銀~△8七銀打として、▲同飛△同銀不成▲同玉で2枚替えになってしまいますが、仕方ないですね。

△8九飛▲8八銀と受けさせて、△7二金と寄ります。

銀を使わせないと詰んでしまいますので、銀を使わせるしかありません。

ただ、▲7九金でまた飛車が取られてしまい、どうしようもなくなってしまいました。

投了図以下

久保九段vs渡辺二冠

ここで、久保九段の投了となりました。

以下は▲9三角成△7四玉▲7五香で詰みですね。

△8四銀ですぐに詰みはありませんが、▲8五歩でも▲同角でも一手一手になります。

久保九段としては、大駒が2枚ともさばけなかったのが一番辛かったでしょうね。

ただ、久保九段になにもさせなかった渡辺二冠が強すぎますね。

戦法としてはかなり面白そうですし、久保九段や菅井七段がさらに広げてくれそうですし、楽しみな構想です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*