AbemaTVトーナメント本戦第2局 渡辺明二冠vs糸谷哲郎八段の棋譜速報


第2回AbemaTVトーナメント本戦トーナメント第2局の渡辺明二冠と糸谷哲郎八段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

1局目は相掛かりの力戦系になって、糸谷八段の勝利となりました。

その次の第2局の棋譜ですね。

本局は糸谷八段が一手損角換わりにしました。

角換わりに5筋の歩は突くなは死後なのか?

渡辺二冠vs糸谷八段

渡辺二冠はボナンザ囲いのような感じにして、▲5六歩と突きましたね。

角交換に5筋の歩は突くなと言われていましたが、どうなのでしょうか。

理由としましては、3九角で馬が作られたり、手になってしまったりするからですね。

なので、4九の金は動かさない方針ということなのでしょう。

そうすれば、3九角の筋はないですからね。

ただ、金が囲いに参加できない分、薄くなってしまうのが欠点ではあります。

ここから、渡辺二冠は早繰り銀にして、糸谷八段は右玉にしました。

飛車先を交換すべきかどうか

渡辺二冠vs糸谷八段

スポンサードリンク

銀が3五にまで来て、攻めの成功形ではあるんですが、糸谷八段は右玉で玉が反対なんですよね。

なので、糸谷八段にとっても銀交換は特に損ではないということですね。

渡辺二冠からすると、3三の銀よりも6三の銀と交換したいところですが、反対方向なので難しいです。

取りあえず、▲9六歩△9四歩を入れて、▲5五歩と位を取りました。

もしかしたら、5六角の筋も狙っている可能性はありそうです。

△8五歩▲4六銀△4四歩に対して、▲3五銀と再び出ました。

桂跳ねから攻めかかる

渡辺二冠vs糸谷八段

△6五桂と跳ねて、糸谷八段が反撃に出ます。

銀が引くか上がるかですが、▲8八銀は△5七角▲4六銀△8四角成▲4八角といった変化を感想戦でやっていましたね。

それも、一局の将棋だったようです。

渡辺二冠は▲6六銀とあがって、△8六歩から一歩交換。

▲3四歩から反撃に出ますが、△9五歩の端攻めがキツかったですね。

渡辺二冠vs糸谷八段

ここで、▲9七桂なら悪いながらもまだ耐えられていたようです。

▲5九金として、△9八歩成から一気に受けの効かない形になってしまいました。

投了図

渡辺二冠vs糸谷八段

ここで、渡辺二冠の投了となりました。

詰みはないですが、8七金が受けにくいです。

▲8八香としてしまうと、壁形になりますので、△9七歩▲同桂△9一香で潰れてしまいます。

▲8六香と上から打っても△8五歩で取られてしまいます。

後手玉が安全すぎるので、一手稼いでもあまり効果がないのも苦しいですね。

また、9六金なのも辛いですよね。

銀であれば、9五角で何か受けさせられるので、まだ受けが効きます。

糸谷八段が渡辺二冠のあまり指さない変化に持っていって、力を出させない展開に持っていきましたね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*