順位戦A級プレーオフ 豊島将之 八段vs佐藤康光九段の棋譜と結果!ダイレクト向かい飛車


第76期順位戦A級プレーオフの豊島将之八段と佐藤康光九段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

佐藤九段は、ダイレクト向かい飛車にしました。

それに対して、豊島八段は▲6五角の変化に飛び込んで、激しい変化になりました。

豊島八段vs佐藤九段

佐藤九段は△4三角とすぐに設置しました。

2筋から攻める狙いですね。

▲6八金に△2五歩から飛車交換しました。

攻めるのであれば、▲2二歩もありましたね。△同銀なら▲2四飛の角・銀両取りです。

△2三飛と合わせる手もありますが、▲同飛成△同銀▲2二飛で攻められます。

豊島八段はその変化には飛び込まずに、▲2八飛と自陣飛車を打って、傷を消しました。

佐藤九段も△2二飛と打って、落ち着いた展開になりました。

豊島八段vs佐藤九段

△3二金と寄った手に対して、▲6五角。

▲3二角成△同飛▲2五飛の狙いですね。

ということで、△3四角と引いて、飛車交換。

その後、▲2八歩と打って、傷を消しました。

傷を作らないように注意しながら、駒組みを進めていきます。

豊島八段vs佐藤九段

佐藤九段が先に動いて、△2六飛と打っていきました。

△2七歩と合わせる手と△4六飛と歩を取る狙いですね。

歩を合わせられるほうが痛いので、▲3八角と引きました。

スポンサードリンク

歩を取って、▲1六歩と端から手を作りにいきました。

△同歩▲同香は△1三歩▲同香不成△同桂▲3一飛と攻めれます。

なので、△4四飛と引いて、▲1五歩△1八歩▲同香△4五角と香を取りにいきました。

香は受けずに▲3一飛と攻めにいきました。

△2四飛と桂馬を受けましたが、▲8三角成△同玉▲8一飛成。

豊島八段vs佐藤九段

一気に激しくなりました。

金一枚なくて薄いですし、手がつけば一気にいきますよね。

とは言え、駒がないのでまだ寄せるのは難しそうです。

△7三玉と避けて、▲4三歩と叩きました。

取っても、すぐになにかあるわけではありませんが、金を引っ張り上げられれば、守りを薄くできます。

ということで、△5二金と避けましたね。

▲1七香と逃げて、△1八角成▲9一龍と香を取りました。

こうしてみると、すぐに香が逃げるよりも、こっちのほうが得ですね。

この辺、どっちが得課を考えるのは難しいですよね。

佐藤九段は玉がこのままでは戦えないということで、なんとか玉を安定させにいきました。

豊島八段vs佐藤九段

さっきよりかなり安全になりましたね。

龍から遠ざかって、金銀も玉にくっつけられて、戦える状態になりました。

豊島八段は▲4五歩と取り込んで、△1四飛と寄って、成香を外しにいきました。成香もいなくなれば、より安全です。

もちろん、ただで取られるわけにはいきませんから、▲5六香△6四馬として、▲2一成香と桂馬を取りつつ逃げました。

△7四金と龍を取りにいって、▲5五龍△8六歩▲同歩を入れて、△5五馬▲同香と龍と馬の交換。

豊島八段vs佐藤九段

この2枚の桂馬が強烈ですね。

△2四銀と逃げましたが、▲3四角と打たれて、△2五銀と外しましたが▲同角△4三歩▲3四銀までとなりました。

まだ詰みではありませんが、受けても一手一手ですね。

先手陣が硬すぎて、全く攻められないのも辛いです。

豊島八段が盤石で、スキが全くありませんでした。

これは名人挑戦も見えてきましたね。

どうなるのかすっごい楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*