第68期王座戦二次予選 藤井聡太七段vs大橋貴洸六段の対局速報!中継と日程


藤井聡太七段vs大橋貴洸六段

第68期王座戦二次予選にて、藤井聡太七段と大橋貴洸六段の対局が行われます。

藤井七段は棋聖戦で渡辺棋聖と対局したばかりですが、もう次の対局ですね。

ずっと対局ができなかったのと強い棋士の宿命ではありますが、かなり大変ですね。

見ている側としては、藤井七段の完成度が高い将棋が見られるのは嬉しい限りですが。

ちなみに王座戦二次予選は、これが決勝で、勝者は挑戦者決定トーナメントへと進みます。

藤井七段は阿部隆八段に勝利していて、大橋六段は谷川浩司九段に勝利しています。

挑戦者決定トーナメントでは、斎藤慎太郎八段との対局が決まっています。

大橋六段はかなり序盤の研究も深いですし、どうなるか楽しみです。

スポンサードリンク

成績とレーティング

藤井聡太七段

今年度成績:45勝0敗(勝率:100.0%)
通算成績:174勝32敗(勝率:84.4%)
レーティング:1964
順位:1位

<戦型選択>

居飛車:99.0%
 矢倉:11.5%
 角換わり:29.2%
 横歩取り:4.2%
 相掛かり:14.1%
 力戦:12.5%
 対抗系:27.6%

その他:1.0%

大橋貴洸六段

今年度成績:4勝1敗(勝率:80.0%)
通算成績:127勝47敗(勝率:73.0%)
レーティング:1714
順位:27位

スポンサードリンク

<戦型選択>

居飛車:90.8%
 矢倉:2.3%
 角換わり:21.8%
 横歩取り:16.1%
 相掛かり:2.3%
 力戦:18.4%
 対抗系:29.9%

振り飛車:8.0%
 中飛車:1.1%
 ノーマル四間飛車:1.1%
 角交換四間飛車:1.1%
 三間飛車:3.4%
 相振り飛車:1.1%

その他:1.1%

王座戦 藤井聡太七段vs大橋貴洸六段の日程

2020年6月10日(水)10時から対局が行われます。

持ち時間は各5時間で、先後は振り駒で決まります。

王座戦 藤井聡太七段vs大橋貴洸六段の中継

中継はAbemaTVで行われます。

AbemaTVはこちら

解説は飯塚祐紀七段と石田直裕五段と藤森哲也五段で、聞き手は竹部さゆり女流四段と和田あき女流初段です。

戦型予想

藤井聡太七段は居飛車党で、大橋貴洸六段は居飛車も振り飛車も指すオールラウンダーですね。

戦型は大橋六段次第になりそうです。

ひねり飛車も得意とされていますし、独自の四間飛車もあります。

大橋六段の耀龍四間飛車を見てみたいですね。

それに対して、藤井七段がどう指すのかというのも気になります。

予想は藤井七段の居飛車穴熊、大橋六段の耀龍四間飛車としたいと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*