竜王戦1組出場者決定戦 木村一基九段vs羽生善治九段の棋譜速報!横歩取り青野流


第32期竜王戦1組出場者決定戦の木村一基九段と羽生善治九段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は横歩取りになりましたね。

木村九段は▲5八玉とあがる青野流にしました。

青野流に対しては、羽生九段は△5二玉から飛車交換に持っていく変化を指していて、王位戦挑戦者決定リーグ白組の中村太地七段戦で、勝利していました。

ただ本局は△6二玉とあがりましたね。

これに対しても、▲3六歩から攻めていくのもありますし、▲3六飛と穏やかにするのもありますね。

木村九段は▲9六歩と様子見。

△2二銀に▲3八金とあがって持久戦にしました。

ひねり飛車から押さえ込みに

木村九段vs羽生九段

木村九段はひねり飛車にして、羽生九段も回って飛車が回り合いました。

木村九段は銀を繰り出して押さえ込みの方針ですね。

ここで、△7四歩という手もあったみたいです。

▲同歩なら△2八飛成▲同金△7五銀で無理やりさばいてしまう狙いです。

飛車の打ち込みには低い陣形の後手のほうが少ないので、先手がまとめるのが難しくなりそうです。

なので、△7四歩に▲6六銀と受けさせて、4六銀と出させなくします。

それも面白そうな変化でしたが、羽生九段は△3三桂と桂馬を活用していきます。

スポンサードリンク

木村九段は▲8九角と引いて押さえ込みに行きます。

強く同銀左もあったか

木村九段vs羽生九段

ここで、▲同銀左と強く銀・桂交換に出る手もあったみたいですね。

△同桂成▲同桂が飛車当たりの先手になります。

△同角成▲同銀△2九飛成もありますが、▲3九歩でも▲3九金でも受かります。

後は1一角成から駒がボロボロ取れそうですので、一気に勝ちにいく指し方ですね。

木村九段は▲同桂にして、△同桂成▲同銀で、香当たりは残っているので、十分という判断ですね。

羽生九段はゆっくりしていられませんので、△3六歩▲同銀△2八角成で一気に攻めにいきます。

△3六歩に▲4六銀とすると△3四桂で追われてうるさいので、金銀取らせて、飛車を取りましたね。

木村九段の玉さばき

木村九段vs羽生九段

△3八馬と金を取った手に対して、▲3五飛と両取りをかけていきます。

△4九銀と打たせて、▲5七玉で手がないでしょと言っているわけですね。

王手がかからないように、8筋方面に逃げていきたいですが、5七玉が木村九段らしい玉さばきですね。

5七玉を避けるには△4八金ですが、▲6八玉でこれ以上追えないので、どちらでも苦しいです。

詰みのあった局面

木村九段vs羽生九段

この局面で詰んでいたようです。

▲7二銀△同玉▲6四桂△同歩▲4二龍△6二銀▲6三金△7一玉▲6二金△同金▲同龍までとなります。

木村九段はより確実に▲3八龍と角を補充します。

△5三馬で詰みはありませんが、先手玉に迫る手がありませんので、△同銀▲7二銀で投了となりました。

投了図以下

木村九段vs羽生九段

以下は△同玉▲6四桂△同歩▲6三角△7一玉▲7二金までとなります。

木村九段らしさの出た将棋でしたね。

羽生九段の歴代通算最多勝単独トップはなりませんでしたが、なるのは時間の問題でしょう。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*