深浦康市九段vs広瀬章人八段の棋譜と結果!第31期竜王戦挑戦者決定三番勝負第1局


第31期竜王戦挑戦者決定三番勝負 第1局の深浦康市九段と広瀬章人八段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

本局は相矢倉になりましたね。

最近は急戦や雁木も流行っていますが、純粋な相矢倉ですね。

深浦九段vs広瀬八段

深浦九段は▲6六銀と出て、2枚銀で攻めていくのも含みに入れているでしょうか。

△8六歩から飛車先を交換するのも、もちろんありますが、△6四歩と歩越し銀には歩で対抗の手筋ですね。

深浦九段は▲5七銀と銀の転換。

長期戦になったら、右玉にするのもありそうです。

ただ、△6五歩▲4五歩と仕掛けていきます。

深浦九段vs広瀬八段

桂取りは受けずに▲3五歩。

桂馬取れば、△1一角成が入るので十分ですね。

△3五同歩なら▲2四歩△同歩▲同飛の十字飛車になります。

ということで、△8六歩▲同歩△8五歩と合わせていきます。

▲同歩に△6六歩▲同角△8五飛と走って、十字飛車。

桂馬は取られてしまいますが、飛車が使いにくくなるので問題ないということでしょうか。

深浦九段vs広瀬八段

深浦九段が攻めて、△3四同銀は角が成られてしまうので、取るのであれば△同金ですね。

スポンサードリンク

ただ△同金は▲3五歩△4五金▲3四歩で結局、拠点が作られてしまいますし、金と銀の交換もほぼ確定ですし、指しにくいです。

ということで、△2二銀と引いて、▲2四歩△同歩▲2三歩。

△同銀はやはり角成りなので、▲同金の一手です。

さらに、△4四歩と突いて、3四金はそのまま歩が成れるので△5三金とかわしましたが、拠点が2つできて、広瀬八段の陣形もメチャクチャにできて、十分すぎる展開ですね。

深浦九段vs広瀬八段

飛車も引かせて、▲2五歩と合わせる手もありますね。

△同歩なら▲同飛△2四歩▲8五飛とまわって飛車成りが受かりません。

ただ、2五歩を取らずに△3四金と出てどうかですね。

そうなると、せっかく封じた金が使えるようになってきて、少し面白くないでしょうか。

深浦九段は▲4五銀と出て押さえ込みにいきます。

深浦九段vs広瀬八段

広瀬八段はなんとか手を作りにいきます。

3六歩を放っておけば、▲4六桂△同角▲3七銀の両取りがあります。

かといって▲同銀はせっかくあがった銀が下げられて、イヤですね。

深浦九段は▲3七飛と浮いて受けます。

そこで、△6六歩。

▲同歩は△同桂で金の両取りもありますし、△4六桂▲同角△6六飛もあります。

ただ、▲6八角と引けるので、十字飛車が決まっているわけではないですが。

深浦九段は▲5七銀と銀が逃げつつ玉を堅くします。

深浦九段vs広瀬八段

金を使ってなんとか攻めにいきますが、▲5四銀の両取りがかかります。

飛車が逃げても仕方ありませんので、△6六金▲6三銀成に△7七桂と攻めにいきます。

▲同金△同金と迫っていきましたが、詰めろではありませんので、▲5四桂で投了となりました。

深浦九段vs広瀬八段

△7一金でまだ粘れますが、先手玉に迫る手はありませんので、受けるだけになってしまいます。

なので、投了やむなしですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*