順位戦A級 豊島将之八段vs久保利明王将の棋譜と結果!四間飛車穴熊vs銀冠


第76期順位戦A級プレーオフの豊島将之八段と久保利明王将が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

久保王将は四間飛車にして、豊島八段は居飛車にしましたね。

豊島八段は穴熊にいく動きを見せて、久保王将も穴熊にしました。

そこで、豊島八段は銀冠に切り換えました。

豊島八段vs久保王将

早めに▲6四歩と突いたので、相穴熊戦になると、四間飛車側が攻める展開になります。

それでも居飛車がいいということになっていますが、攻められる展開になるのを嫌ったのかもしれません。

端の位に反発して、▲9六歩△同歩▲同銀と取りました。

△同香▲同香はさすがに怖いですね。

守りの香がいなくなってしまいますし、豊島八段の香が素通して、玉をにらみますので。

なので、△7一金と穴熊を完成させました。

豊島八段は位を取り返して、銀冠を完成。

豊島八段vs久保王将

久保王将は玉頭から攻めて、豊島八段は2筋からですね。

横からと縦からのどちらが早いのか? になります。

縦は近いですが固いのでなかなか攻めにくくなりますし、横は駒がない分、攻めやすくはなりますが遠いですね。

どちらも一長一短という感じで、あまり変わらないと思います。

豊島八段は▲3五歩△同歩▲2四歩△同歩と突き捨てていきます。

▲7九銀と固めて、久保王将も△6五歩▲同歩△8五歩▲同歩△6六歩▲同金と攻めにいきます。

スポンサードリンク

△4五歩と角道も開けて▲5五歩と角道を止めつつ金取り。

豊島八段vs久保王将

かなり味の良い一手ですね。

△6五銀▲同金△同金と交換して、▲4五桂と跳ねて、角が逃げて5三桂成と成桂を作ることに成功します。

△8六歩と叩いてから飛車が逃げて、▲5五角。

△8七歩▲同玉と引っ張り上げてから、△5五金と取って、▲7七銀打としっかり補強します。

豊島八段vs久保王将

この金打ちもすごいですね。

▲8八玉ですぐに取られてしまいますが、桂馬を外して、△6九飛成と龍を作ります。

▲8八玉とまたあがって、龍からそれて、△6六桂と金を狙っていきます。

久保王将が攻めて、豊島八段が受ける展開ですね。

ただ、手駒が豊島八段のほうが上なので、角も打ってから、△1九龍と香と補充しました。

そこからしばらく久保王将が攻める展開になりました。

豊島八段vs久保王将

ここで攻め合いですね。

お互い歩しかないので、攻めるしかないとも言えますが。

金も質駒にありますし、豊島八段のほうがいいでしょうか。

ソフト評価値は300点ぐらい先手の豊島八段がいいとのことでした。

久保王将は金を取ってから成桂を取って、もう一回金を打って穴熊を再生。

この手が穴熊は強いですよね。

なかなか崩しにくいです。

だからこそ、プロアマ問わず人気の囲いなんだと思います。

豊島八段も金を埋めて龍を離させてから、龍を逃げます。

その後、久保王将は上から攻めにいきます。

豊島八段vs久保王将

▲8四歩と香を押さえて、△7五桂▲同歩△8四歩と外しますが、傷ができたということで、▲7一龍とぶった切ります。

▲8三桂から銀も取って、一気に囲いが崩壊します。

さらに角も使えてきて、すぐに寄ってしまいました。

豊島八段vs久保王将

香が急所だったんですね。

香が動いた瞬間にあっという間でした。

8三の地点は美濃囲いでも穴熊でもあまり強くないですよね。

それがよく分かる将棋でした。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*