第61期王位戦第三局 木村一基王位vs藤井聡太棋聖の対局速報!中継と日程


木村一基王位vs藤井聡太棋聖

第61期王位戦七番勝負 木村一基王位vs藤井聡太棋聖の第三局が行われます。

第1局は角換わり腰掛け銀になり、藤井棋聖が攻め勝って勝利となりました。

第2局は相掛かりになり、木村王位が藤井棋聖の攻めを受け止めて、木村王位の理想的展開になりましたが、藤井棋聖がそこから逆転して勝利となりました。

これで、藤井棋聖の2連勝ですね。

木村王位としてはなんとかこの1局取り返したいところです。

スポンサードリンク

成績とレーティング

木村一基王位

今年度成績:5勝4敗(勝率:55.6%)
通算成績:660勝384敗(勝率:63.2%)
レーティング:1782
順位:10位

<戦型選択>

居飛車:100.0%
 矢倉:10.0%
 角換わり:28.6%
 横歩取り:11.4%
 相掛かり:32.9%
 力戦:7.1%
 対抗系:10.0%

藤井聡太棋聖

今年度成績:17勝3敗(勝率:85.0%)
通算成績:186勝35敗(勝率:84.2%)
レーティング:1978
順位:1位

<戦型選択>

居飛車:100.0%
 矢倉:13.3%
 角換わり:35.8%
 横歩取り:2.5%
 相掛かり:15.0%
 力戦:16.7%
 対抗系:16.7%

スポンサードリンク

王位戦第三局 木村一基王位vs藤井聡太棋聖の日程

2020年8月4日(火)9時から対局が行われます。

王位戦は2日制で、8月5日(水)9時に封じ手から再開されます。

持ち時間は各8時間です。

先後は第1局と同じ藤井棋聖の先手番となります。

王位戦第三局 木村一基王位vs藤井聡太棋聖の中継

中継はAbemaTVにて、8時30分から行われます。

1日目

解説は飯島栄治七段と高野秀行六段で、聞き手は安食総子女流初段と貞升南女流初段です。

2日目

解説は行方尚史九段と増田康宏六段で、聞き手は渡部愛女流三段と塚田恵梨花女流初段です。

戦型予想

第1局が角換わりで、第2局が相掛かりですね。

次は藤井棋聖の先手番ですので、木村王位が横歩取りにしない限りは、戦型を選べます。

そうなると、一番得意な角換わりにするのではないかと思います。

木村王位が流れを変えるために、横歩取りにするのも十分考えられます。

最近、横歩取りも増えてきて、叡王戦で永瀬叡王が指していますし、JT杯でも高見七段が広瀬八段との対局で指しています。

あるいは、藤井棋聖が矢倉にするかですね。

矢倉も得意ですし、矢倉にするのもありそうです。

予想としては、角換わりとしたいと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*