順位戦B級1組 行方尚史八段と木村一基九段の棋譜速報!横歩取り青野流


第77期順位戦B級1組13回戦の行方尚史八段と木村一基九段が対局した棋譜です。


スポンサードリンク

本局は横歩取りになりましたね。

青野流を受け切るのが難しいということで、プロ間では少し減ってきていますが、千駄ヶ谷の受け師・木村九段は堂々と受けに行きました。

行方八段は当然青野流で攻めにいきました。

両取りの受け方

木村九段vs行方八段

木村九段は△5二玉~△7六飛と青野流に対して、良くある返しですね。

△7六飛に▲7七角△同角成▲同桂に△5五角の両取りをかけた局面ですね。

一見これで困っているように見えますが、これも定跡内で▲2二歩が切り返しになります。

△同銀△同金は飛車が成れますので、取るなら△同角しかないですね。

その場合、両取りが消えますので、▲6八銀と受けておけば問題ありません。

無視して、△7七角成と攻めてきた場合は▲同金△同飛成▲7八歩で追い返して、△2一歩成で先手が良いです。

△1九角成も同じですね。▲2一歩成で次の▲3一との銀を取る手を見せて、十分です。

穏やかに指すなら△2二同角と歩を払う手ですが、2枚の桂馬が飛んできて、受ける展開になりやすいですので、△3三桂と、と金は作らせて攻め合いに持っていきました。

切り返しの応酬

木村九段vs行方八段

△4五桂と木村九段が攻めてきた手に対して、▲6七角の飛・桂両取り。

これで続かないように見えますが、△6六角が切り返しですね。

次に5七角成と8四角と飛車を取る手を見せています。

飛車を取れば、△5七角成~△8四馬と馬を作られて飛車が取られますので、先手が悪くなります。

なので、▲6八銀と5七の地点を受けて、飛車の取り合いとなりました。

スポンサードリンク

こういった切り返しの応酬が横歩取りの醍醐味で、技の掛け合いが面白いですよね。

△8九飛とすぐに打っていき、▲7九飛△同飛成▲同金と金を引かせます。

そして、△7四飛の角取り。

単に△7四飛ですと、▲6七角と桂取りの先手を取られつつ逃げられてしまいます。

7九金の形にするとこで、▲6七角は△5七桂成▲同銀△7七飛成が入りますね。

なので、▲5六飛と行方八段も飛車を打って対応します。

横歩取りらしい華々しい展開

木村九段vs行方八段

△5五銀と捨てて、▲同飛△7六飛と角を取ります。

木村九段は先に角を切っていますので、桂損の攻めですが、十分手になるということですね。

△3四金に▲3七桂と受けたのが危なかったようで、△2三角なら良かったようです。

同じように△5五銀から攻めていくと金取りが残ってしまいますので、負担になります。

なので、△3三金と引くしかなく、▲4五角成と馬を作っておいて少し先手が指せるようです。

ただ、▲3七桂でもそこまで悪くなるわけでもなく、ほぼ互角ですが100点ぐらい後手に傾きました。

馬捨てからのと金攻め

木村九段vs行方八段

木村九段は馬を取らせて、△3七歩成と攻めていきます。

▲同金は△3八歩で▲同金でも▲同銀でも金で詰みとなります。

そこで、▲5九角という受けもあるようですが、苦しいことに変わりはないですね。

▲4二とを一回入れてから、△5九銀で受けて、行方八段の必死の粘りで、なんとか龍を追い返します。

ただ、木村九段の厳しい攻めで受けが効かなくなりました。

投了図以下

木村九段vs行方八段

最後の△2七金も素晴らしい一手ですね。

△3八金打までの詰めろですので、▲同歩しかなく△同歩成で詰めろが解けないですね。

3八になにか打てば詰めろは消えますが、銀を取られてから、△6八龍というカッコいい決めてがありますね。

取れば頭金ですので、これでほぼ受けがありません。

ということで、これで木村九段のA級復帰となりました。

ついに木村九段がA級に戻ってきましたね。

受けだけでなく、攻めの鋭さも増していて、A級での対局が楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*