【銀河戦】瀬川晶司五段vs折田翔吾アマ(アゲアゲ)の棋譜と結果


第27期 銀河戦 本戦Aブロック 2回戦の瀬川晶司五段とアゲアゲさんこと折田翔吾アマが対局した棋譜です。



スポンサードリンク

アゲアゲさんは、朝日杯将棋オープン戦で都成五段のときにも見せた早繰り銀ですね。

プロ相手にはこの戦法と決めているのでしょうか。

将棋実況でもたまに指されていますが、動画では多彩な戦法を見せてくれますね。

対して瀬川五段は雁木ですね。

そこから、少し落ち着いた展開になって、お互い雁木の形になりました。

瀬川五段vsアゲアゲ

△5五歩に▲同飛ですと△6四銀で先手を取りつつ銀を前に出せます。

瀬川五段は▲6五歩と角道を開けつつ銀を出させないようにしました。

△6四歩とすぐに反発して、▲5五飛△6五歩。

▲同飛ですとやっぱり△6四銀と前に出られますので、▲4五歩と突きましたね。

△同歩は▲5二飛成~▲1一角成が入ります。

瀬川五段vsアゲアゲ

難しい中盤戦になりましたね。

ただ、瀬川五段の歩得が大きいでしょうか。

現状では4枚の得ですね。8筋は取り返されそうですので、実質は3枚の得といった所でしょうか。

△4五歩と取って歩切れを解消し、角交換になりました。

そして、▲6五歩に△5五歩▲6七銀△6五銀と進みました。

一歩損して銀が下がっただけですので、この交換は瀬川五段の損に見えますが、金銀の連結が離れたので、▲7一角はあったでしょうか。

△5二飛▲4五桂と攻めていってどうかですね。

瀬川五段は▲6六歩と打って銀を引かせましたね。

スポンサードリンク

穏やかな展開にして、歩得を主張していく狙いかと思いましたが、▲4五桂からすぐに攻めにいきましたので、アゲアゲさんの攻めをなくしてから、攻めようということだったんですかね。

瀬川五段vsアゲアゲ

▲2四歩に△同歩は▲3五桂で銀をどかして角成りですね。

2四歩を利かすことで、銀が逃げずに△3四歩とすぐに取りに来たときに▲2三歩を入れられるようになります。

なので、アゲアゲさんは△3四歩と打って桂馬を打たせないようにしましたね。

瀬川五段は▲6八玉と手を渡しましたが、△4六桂の両取りが入ります。

▲4七銀と金の方を見捨てます。

駒の価値は金の方が上ですが、金が逃げると陣形が乱れますし、△3八桂成▲同飛も飛車が使えなくなりますので、そっちを嫌ったという感じでしょうね。

そこから、アゲアゲさんの攻めが続きましたね。

瀬川五段vsアゲアゲ

△5七歩も厳しくて、▲同銀は△4九飛成ですね。▲同玉も△4六角成でかなり怖いですので、受けはないですね。

ということで、▲3一銀△1二玉▲2四歩と攻めにいきましたね。

銀を取ってから歩を払って、寄せにいきます。

瀬川五段は入玉を目指しましたが、7三金がいい働きをしていて、入玉はできなかったですね。

瀬川五段vsアゲアゲ

ここで、瀬川五段の投了となりました。

▲同馬は△6四金打までですね。

▲6四金しかないですが、△同金▲同馬△7三桂▲7四玉△8三金▲同玉△7二銀▲7四玉△6四飛▲同玉△6三金▲5五玉△3七馬▲4五玉△3五龍▲同歩△3六角で詰みとなります。


次は三枚堂六段との対局になります。

すごい楽しみですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*