第61期王位戦予選 斎藤慎太郎七段vs藤井聡太七段の対局速報!中継と日程


第61期 王位戦 予選にて、斎藤慎太郎七段と藤井聡太七段の対局が行われます。

王位戦予選を通過して、リーグ入り決定者も決まり始めていますね。

現時点では、上村亘五段、稲葉陽八段、鈴木大介九段がリーグ入りを決めています。

そして次が、この斎藤七段か藤井七段ですね。

斎藤七段は、古森悠太四段、畠山成幸八段、糸谷哲郎八段に勝利しています。

藤井七段は、竹内雄悟五段、西川和宏六段、出口若武四段に勝利しています。

スポンサードリンク

成績とレーティング

斎藤慎太郎七段

今年度成績:18勝10敗(勝率:64.3%)
通算成績:223勝106敗(勝率:67.8%)
レーティング:1801
順位:10位

<戦型選択>

居飛車:95.9%
 矢倉:15.1%
 角換わり:23.3%
 横歩取り:13.0%
 相掛かり:11.0%
 力戦:14.4%
 対抗系:19.2%

振り飛車:3.4%
 中飛車:0.7%
 相振り飛車:2.7%

その他:0.7%

藤井聡太七段

今年度成績:33勝10敗(勝率:76.7%)
通算成績:149勝30敗(勝率:83.2%)
レーティング:1897
順位:4位

スポンサードリンク

<戦型選択>

居飛車:98.8%
 矢倉:10.2%
 角換わり:25.9%
 横歩取り:4.2%
 相掛かり:15.7%
 力戦:13.9%
 対抗系:28.9%

その他:1.2%

第61期王位戦予選 斎藤慎太郎七段vs藤井聡太七段の日程

2019年12月27日(金)10時から対局が行われます。

持ち時間は各4時間です。

先後は振り駒によって、決まります。

第61期王位戦予選 斎藤慎太郎七段vs藤井聡太七段の中継

中継はAbemaTVにて、行われます。

AbemaTVはこちら

解説は屋敷伸之九段と遠山雄亮六段で、聞き手は竹部さゆり女流四段と加藤桃子女流三段です。

戦型予想

斎藤慎太郎七段も藤井聡太七段も居飛車党ですので、相居飛車の将棋になるでしょう。

過去の対局では、叡王戦で角換わり、王座戦で雁木でしたね。

どちらも斎藤七段が勝利していて、藤井七段はリベンジなるかですね。

戦型としては、斎藤七段は角換わりを目指すと思います。

藤井七段も角換わりを受けるか雁木や矢倉にするかですね。

予想は、角換わりとしたいと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*