銀河戦本戦 折田翔吾アマ(アゲアゲ)vs窪田義行七段の棋譜速報!鬼殺し向かい飛車


第27期 銀河戦 本戦Aブロック 7回戦のアゲアゲさんこと折田翔吾アマと窪田義行七段が対局した棋譜です。



スポンサードリンク

アゲアゲさんは居飛車で窪田七段は鬼殺し向かい飛車にしましたね。

アゲアゲvs窪田七段

▲6五角の乱戦の変化にも手いきましたね。

▲6八玉や▲4八銀なら穏やかですが、咎めに行った手ですね。

ただこれも定跡で、△4五桂▲4八銀と上がらせて、△5五角と香取りを受けにくくします。

△4五桂入れずに△5五角ですと、▲8八銀で受かりますが、4八銀を入れて飛車の横利きをなくすことで、8八銀をなくします。

そこで、▲9八香とあがって△9九角成▲7八銀△9八馬と香を取らすのに2手かけさせます。

馬の働きを悪くできるのも大きいですね。

アゲアゲさんは、この変化を将棋ウォーズでも行っていて、YouTubeで将棋実況をあげていますので、かなり研究しているんでしょうね。

こちらがその鬼殺し向かい飛車に対する6五角の動画です。

スポンサードリンク

厳しいふんどしの桂

アゲアゲvs窪田七段

アゲアゲさんは両桂を跳ねて5筋を狙っていき、窪田七段は△4二銀と受けましたが、▲5四桂の厳しい両取りが決まりましたね。

玉が逃げれば銀を取られて5三桂成で悪くなる一方ですので、△同歩と取るしかなく、▲3五馬の王手飛車が決まります。

△4四歩の桂取りで切り替えしましたが、桂馬を成って銀と交換を入れることで、歩を空振らせることに成功します。

馬と飛車の交換に成功

アゲアゲvs窪田七段

▲3二銀で金を退かして、▲4四飛成△同金と飛車と馬の交換に成功して、玉を薄くできます。

馬も入って、端にいた馬も使えてきます。

窪田七段からすると、かなり苦しい状況になり、防戦一方になりました。

馬角vs自陣飛車

アゲアゲvs窪田七段

アゲアゲさんは馬と角で攻めて、窪田七段は自陣飛車と金銀でなんとか粘りました。

ただ、▲6五桂も厳しくて、銀が逃げれば金を取られて2枚替えになってしまいますので、受ける手はないですね。

なので、△4六桂と反撃。

▲5三桂成△同金▲4二銀と執拗に5三の金駒を狙っていきます。

金駒を剥がしてからは一気に寄せきりました。

投了図以下

アゲアゲvs窪田七段

ここで、窪田七段の投了となりました。

以下は△6一金▲6二金△8二玉▲7一銀△同金▲同龍△9二玉▲8二金までですね。

アゲアゲさんの圧勝と言っていいのではないでしょうか。

プロ棋士相手に7連勝の快挙で、次は野月浩貴八段との対局です。

かなりの強豪ですが、アゲアゲさんなら…というのもありますし、かなり楽しみですね。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*