棋聖戦第4局 羽生善治棋聖vs斎藤慎太郎七段の日程と対局中継は?


第88期棋聖戦、五番勝負の第4局。

羽生善治棋聖と斎藤慎太郎七段の対局で、現時点では羽生棋聖の2勝、斎藤七段の1勝ですね。

先に羽生棋聖が2勝して、このまま決めてしまうのかと思いきや、斎藤七段が踏みとどまりました。

ただ、羽生棋聖の有利な状況は変わらず、後1回勝てば防衛ですね。

とは言え、流れは斎藤七段に来ているかもしれません。

1回勝ったことで、乗っていける可能性は十分ありますので。

そうなってくると、全く分からないですね。

将棋はメンタルも大いに関わってきますからね。焦ったり自信なかったりすると、読み間違えたり、自分の読みを信じきれなかったりしますので。

逆に調子がいいと全部読みが当たったり、良い筋が読めたりしますので、勝ちにつながりやすくなります。

そういう所も将棋の面白さですよね。

羽生棋聖と斎藤七段の心境はどうなんでしょうね。

そういった辺りにも注目してみたいです。

日程・中継

日程は、2017年7月11日(火)の10時~です。

中継は、ニコニコ生放送にて、行われます。

ニコニコ生放送の開演は9時~となっています。

スポンサードリンク

解説は広瀬章人八段と聞き手は中村桃子女流初段です。

広瀬八段は居飛車も振り飛車も指せるオールラウンドプレイヤーですね。

羽生棋聖が居飛車でも振り飛車でも問題なく対応できますね。

まぁ、居飛車党でも振り飛車党でも、解説は問題なくでしょうけどね。

相手にされるか自分がするかの違いでしかなくて、どっちの筋も知っておかないと指せないですので。

戦型予想

前局では、羽生棋聖が藤井システムを採用して、斎藤七段は居飛車穴熊で対抗する形になりました。

今度は何指すんでしょうか。

さすがに次も振り飛車ってことはないですかね。

おそらく、相居飛車の将棋になるんじゃないかと思います。

相居飛車将棋が一番、戦型を予想するのが難しいんですが…

第1局が矢倉で、第2局は角換わりの将棋でしたね。

そうなると、相掛かりや横歩取りということになるんでしょうか。

どっちになるんでしょうか。

個人的には横歩取りがみたいかな、という感じはします。

横歩取りは激しい展開になるので、見ていて楽しいですので。

ただ、短手数で決まってしまいますし、普通の将棋よりさらに長考になるんですよね。

一手で勝敗が決まるので、仕方ないといえば仕方ないんですが…

あんまり局面が動かないのも、大変ですよね。

次で羽生棋聖が10連覇なるか? それとも、最終局までもつれ込むのか?

気になる一番です。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*