名人戦第5局 佐藤天彦名人vs稲葉陽八段の棋譜!横歩取り佐々木流


名人戦、佐藤天彦名人vs稲葉陽八段の第5局。


今回は第1局と同じ、横歩取りになりましたね。

ただ、第1局と違うのは、佐藤名人が佐々木流にしたことですね。

佐藤名人vs稲葉八段

スポンサードリンク

▲6八玉と上がるのが佐々木流ですね。

この後は、▲3六歩~▲3七桂と跳ねて、桂馬で攻めていこうという狙いです。

▲5八玉と上がる青野流と狙い筋はほとんど同じですね。

ただ、5八と6八で玉の位置が違うことで、どうなるのか? ここが難しいところですが。

これに対して稲葉八段はどう受けるのか?

佐藤名人vs稲葉八段

△8二飛と引き上げましたね。

どうやら今後の展開を見る限り、角交換したかったということみたいですね。

飛車が下がらずに△8八角成として角交換しようとすると、手抜かれて、▲3二飛成が入って負けてしまいます。

なので、その前に飛車を引いて、金にヒモをつけたわけですね。

佐藤名人vs稲葉八段

△3三銀と飛車を追っ払いに来たのに対して、▲8三歩と叩いて、△同飛▲8四歩。

△8二飛に▲3五飛と引いて、△8四飛と歩を3枚タダで取らせましたが、それよりも手番を握るほうが大きいということですね。

▲7五角と打って、馬を作りに行きました。

スポンサードリンク

受けるなら△5四飛ですが、▲4五桂と跳ねられて、銀を助ける手がありませんので、馬作りだけ受けてもあんまり意味がないですね。

ということで、△8二飛と引きましたね。

それでも、▲4五桂と跳ねて、△4四角と受けつつ飛車取りの一手。

佐藤名人は▲8四歩と飛車道を止めて、△5二金と中央を厚くしたのに対し、▲3三桂成と銀を取って、△同桂に▲3四飛と逃げましたね。

佐藤名人vs稲葉八段

このままですと、打った角が空振った感じもするので、使っていきたい所。

ということで、△5五角と角成りを見せて、▲4六銀と手厚く受けましたね。

△6四角と引いて、角をぶつけますが▲6六角と逃げられて、▲3三角成△同金▲同飛成が入ったら終わってしまいますので、△4四歩と軽く受けましたね。

▲同角は△4三金右が飛車角取りになりつつ受けれますし、▲同飛は角道を止めて、飛車がそっぽに行っている感じがするので、味が悪いですね。

なので、▲5五銀と角を狙いつつ4筋を狙いつつという感じですね。

角が逃げてもあんまり使い道がない上、▲4四銀と出られると受けるのが難しいので、△同角と取りましたね。

▲同角に△4三金右と飛車を追っ払い、▲2四飛に△2二歩と受けましたね。

そこで、▲8三歩成と成り捨てて、△同飛に▲6五角。

佐藤名人vs稲葉八段

△8二飛と逃げるしかありませんが、▲2二飛成△同金に▲4三角成と馬を作りました。

ここからは稲葉八段がどうにかあやをつけて、暴れに行きました。

佐藤名人vs稲葉八段

ただ、完全に抑え込まれていますね。

ここはさすが受けの強い名人という感じですね。

佐藤名人vs稲葉八段

なんとか追い詰めようとしましたが、上に開いていますので、捕まらないですね。

また歩を打ってしまっているため、香車を止めることができず、投了となりました。

これで、佐藤名人の3勝、稲葉八段の2勝となり、後1勝佐藤名人がすれば、防衛ということになります。

ただ、もうひと波乱起きそうな気がしますが…

どうなりますかね。

すっごい楽しみです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*