【斎藤慎太郎七段vs藤井聡太七段】王座戦挑戦者決定トーナメントの中継と日程


第66期王座戦 挑戦者決定トーナメントの斎藤慎太郎七段と藤井聡太七段の対局が行われます。

王座戦挑戦者決定トーナメントは、藤井七段は屋敷伸之九段、深浦康市九段に勝ち、斎藤慎太郎七段は高見泰地六段、久保利明王将に勝ってあがってきました。

次に決勝で、それに勝ちますと、中村太地王座との対局になります。

決勝では、渡辺明棋王と永瀬拓矢七段のどちらかとなります。

まずは、斉藤七段と藤井七段の対局ですね。

これもかなり面白そうな対局になりそうです。

スポンサードリンク

斎藤慎太郎七段vs藤井聡太七段の成績とレーティング

斎藤慎太郎七段

今年度成績:8勝2敗(勝率:80.0%)
通算成績:184勝81敗(勝率:69.4%)
レーティング:1804
順位:7位

<戦型選択>

居飛車:92.9%
 矢倉:16.7%
 角換わり:14.3%
 横歩取り:17.9%
 相掛かり:9.5%
 力戦:16.7%
 対抗型:17.9%

振り飛車:6.0%
 中飛車:1.2%
 相振り飛車:4.8%

力戦:1.2%

藤井聡太七段

今年度成績:10勝1敗(勝率:90.9%)
通算成績:81勝13敗(勝率:86.1%)
レーティング:1857
順位:2位

<戦型選択>

居飛車:98.8%
 矢倉:11.0%
 角換わり:22.0%
 横歩取り:6.1%
 相掛かり:12.2%
 力戦:15.9%
 対抗型:31.7%

スポンサードリンク

力戦:1.2%

斎藤慎太郎七段vs藤井聡太七段の日程

2018年7月6日10時から行われます。

持ち時間は各5時間の1日制です。

斎藤慎太郎七段vs藤井聡太七段の中継

ニコニコ生放送

解説と聞き手は中川大輔八段と長沢千和子女流四段です。

AbemaTV

AbemaTVはこちら

解説は三浦弘行九段、飯塚祐紀七段、井出隼平四段で、聞き手は村田智穂女流二段と安食総子女流初段です。

戦型予想

藤井七段も斎藤七段も居飛車党ですね。

斎藤七段は振り飛車も指しますが、居飛車のほうが圧倒的に多いですし、相居飛車の将棋になると思います。

戦型は、角換わりや横歩取り、矢倉を得意としていて、指すことが多いです。

藤井七段も角換わりが得意ですし、藤井七段は角換わりに持っていきそうな気がします。

それに対して、斎藤七段がどうするかですね。

角換わりに応じるか雁木にするかですが、おそらく応じるのではないかと思っています。

ということで、予想としては角換わりとしたいと思います。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*