藤井聡太四段19連勝!近藤誠也五段の棋譜はココ~相掛かりUFO銀~


藤井聡太四段が近藤誠也五段に勝って、19連勝しました。

その棋譜はこちら。


相掛かりになりましたね。

藤井四段は相掛かりも得意なんでしょうか。

近藤五段は相掛かりで羽生三冠に勝っていたので、得意なんだと思いますが…

藤井四段はどうなのか? ということで、詳しく見ていきたいと思います。

藤井四段vs近藤五段

スポンサードリンク

近藤五段は、銀をすぐに進出させていって、UFO銀と呼ばれる戦法ですね。

この狙いは、▲4五銀と出ていったり、▲4六歩~▲4七銀と戻ったりと銀が色んな所に出て、撹乱させます。

相手の駒組みが乱れて、陣形がおかしくなったら、こっちのものという感じですね。

それに対して、藤井四段は△3三角と上がって、▲2五銀と出てきたときに、2筋を突破されないように備えました。

▲7六歩△4二玉と上がりましたね。

▲3三角成と角交換したら、△同桂として、銀を前に出させないようにするんでしょうか。

ただ、桂頭が傷になりやすいので、どうかといった感じですね。

あるいは、▲6六角と飛車取りに当てる手もありますね。

△同角▲同歩△2二銀や△3三桂なら▲3三角成のときより、▲6六歩が突いている分一手得するという狙いです。

ただ、ここの歩を突くのが得かどうかは難しい所ですが。

近藤五段は駒組みを進めていって、▲6六歩と角道を止めたので、穏やかな展開になりました。

藤井四段vs近藤五段

藤井四段も持久戦大歓迎ということで、△2四歩。

後は△2三銀と銀冠をつくって、△3一玉~△2二玉と入れば囲いの完成ですね。

そんなのは許さないと、▲2五歩と打ちました。

△同歩▲同銀と銀を進出させて、△7五歩と飛車の横道を通して、3四の歩を守りました。

▲同歩に△3五歩と銀を戻れないようにしつつ、飛車の守りを強くしましたね。

これで攻めが続かず、藤井四段は銀冠を完成させました。

藤井四段vs近藤五段

こうなると、ちょっと先手が苦しいでしょうか。

スポンサードリンク

後手陣はしっかり陣形ができているのに対して、先手陣はまだできていないですからね。

なので、こうなる前に攻めきりたかった所だと思いますが、それをさせない藤井四段の構想がスゴいですね。

藤井四段vs近藤五段

陣形が整ったら、後は攻めるだけですね。

開戦は歩の突き捨てからと△6五歩と突き捨てていきました。

▲同歩に△3六歩▲同歩と3筋も突き捨てて飛車の小瓶を開けさせて、△8六歩から横歩を狙いに行きましたね。

飛車が成られるわけにいきませんから、▲4七歩と受けて、△3六飛と突き捨てた歩を取り返し、▲3七歩。

藤井四段vs近藤五段

そこで、飛車は引いていられないと△5五角。

飛車を取れば飛車を取り返して馬ができるので、後手の方がいいですね。

なので、飛車は取れず、▲7三歩成と成り捨てて、陣形を乱す狙いですね。

ただ、△同角があるので、あんまり乱れませんが。

おそらく、そこも含みに入った△5五角だったんでしょうね。

攻防の角と言ったりもしますが、基本に忠実ですね。

それも強さの秘訣かもしれません。

藤井四段vs近藤五段

飛車が逃げ合って、▲5六角と飛車を狙っていきました。

飛車よりも桂馬の方が効いているので、桂馬を外す狙いだったかもしれませんが。

藤井四段は△3六歩から飛車角交換は望む所と、自分から替えに行きました。

▲同銀に△5四角と逆に飛車を狙いました。

これも、桂馬を守ったのと、8筋方面に効かせた狙いのほうが強いのかもしれませんが。

藤井四段vs近藤五段

3三の桂馬も利用して全軍躍動という感じですね。

玉の頭にある切っ先が怖いので、▲7七桂と外すんですが、△同桂成▲同金に△7六歩。

角が効いていますから▲6七金寄と逃げるしかなくて、△6六歩とさらに叩きました。

▲同金なら△7七歩成で決まりますので、これも取れずに▲6八金引。

△7七歩成▲同金△7六歩に▲7八金とダンスの歩という手筋で、形悪くしました。

藤井四段vs近藤五段

ダンスの歩は条件がなかなか揃わずに、そこまで出てくる手筋ではありませんが、藤井四段は見事に決めましたね。

△6五桂と金の頭を狙い、▲4六桂と角を狙うんですが、△同角▲同歩に△7七歩成。

藤井四段vs近藤五段

こうなってしまうと、持たないですね。

大駒はあっても、陣形がしっかりしていて打ち込む隙がありませんし、受けてもほぼ一手一手ですし。

完璧な差し回しで、危ない所が一切ないですね。

まだまだ連勝が続きそうですが、次は澤田真吾六段とのこと。

澤田六段は、朝日杯にて、渡辺竜王と森内九段を破ったのが記憶に新しいですが…

これもすごい対局になりそうです。

スポンサードリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*